ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

オーメンズ・オブ・ラヴ(Omens of Love)とは、日本を代表するフュージョン(ポップ・インストゥルメンタル)・グループ、T-SQUARE(1985年当時はTHE SQUARE)の楽曲である。
作曲は同バンドのキーボーディストを務めていた和泉宏隆(いずみ ひろたか)であり、1985年4月1日にリリースされたアルバム『R・E・S・O・R・T』の1曲目として収録されている。また、同年の6月21日には12インチシングルとしてリリースされている。
タイトルを和訳すると「恋の予感」「愛の兆し」となり、その名のとおりどこまでも突き抜けていくような爽やかなファストビートが特徴となっている。

フジテレビF1グランプリ中継テーマ曲「TRUTH」と並ぶT-SQUAREの代表曲であり、同バンドのライブにおいてはオープニングを飾ったりアンコールに持ってきたりと重要なポジションを占めている。
作曲者である和泉宏隆は1997年の『BLUE IN RED』を最後にT-SQUAREを退団しているが、その後のソロ活動(ピアノトリオなど)においてもたびたびこの曲をアレンジして取り上げている。また、テレビ番組やラジオ番組のオープニングソングやBGMとして頻繁に使われていたほか、江戸川競艇場の周回展示や航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」の展示飛行のBGMなどにも用いられている。

ウィンク・キラー

もともとこの曲は歌詞のないポップインストのナンバーであるが、作詞家の松本隆が歌詞を書いて「ウィンク・キラー」というタイトルで発表し、小泉今日子野村宏伸がこれを歌っている。
小泉今日子が歌う『ウィンク・キラー』は、彼女の7枚目のオリジナルアルバム『Flapper』(1985年リリース)に収録されている。

ニュー・サウンズ・イン・ブラス

アルバム『R・E・S・O・R・T』がリリースされた翌年の1986年、ニュー・サウンズ・イン・ブラス(New Sounds in Brass)により吹奏楽版アレンジ(編曲:真島俊夫)が出版されている。初出音源は『New Sounds in Brass'86』に収録。演奏は東京佼成ウインドオーケストラである。
この翌年(1987年)にアレンジされた「宝島(TAKARAJIMA)」と並び、日本の吹奏楽界に燦然(さんぜん)と輝くロングヒット・ナンバーとして、いまもなお多くの団体や演奏者に愛されている。

関連動画

T-SQUARE

Farewell and Welcome(1998)


Crossover Japan '03(2003)


"THE LEGEND"~31年振りのザ・スクエア(2016)


ウィンク・キラー

Flapper(1985)


ニュー・サウンズ・イン・ブラス

東京佼成ウインドオーケストラ(Tokyo Kosei Wind Orchestra)


New Sounds Special(1997)


玉名女子高等学校吹奏楽部(Tamana Girls Band)


関連タグ

音楽 JAZZ FUSION T-SQUARE
EWI ウインドシンセサイザー
吹奏楽 小泉今日子 ブルーインパルス
おっさんホイホイ

外部リンク

関連記事

親記事

T-SQUARE てぃーすくえあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オーメンズ・オブ・ラヴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4346

コメント