ピクシブ百科事典

クイーン・エリザベス級空母

くいーんえりざべすくらす

クイーン・エリザベス級(Queen Elizabeth-class)とは、イギリス海軍の空母の艦級。
目次[非表示]

本項では、英国海軍空母を扱う。大戦期の戦艦についてはクイーン・エリザベス級戦艦を参照のこと。

概要

イギリス海軍最新の空母であり、満載排水量65,000tを誇る、同海軍最大の軍艦である。ツイン・アイランド方式の採用など、特徴的な設計が取り入れられている。なお、STOVL機を運用することから、軽空母として分類されることがある。...軽?

来歴

イギリスは全盛期に比べて多くの植民地を失ったが、未だに海外領土が存在する島国であり、国連安保理の常任理事国である。故に、海外での紛争などに介入することも十分考えられる。このため、機動力に優れた空母戦力が必要であるとされた。フォークランド紛争では、ハリアーを搭載したインヴィンシブル級空母が活躍したこともあって、この認識が強まることになる。

しかしながら、イギリス海軍はインヴィンシブル級では能力が不足していると考え、より大型の空母を求めたのである。90年代後半、このような理由から将来空母(CVF; Future Aircraft Carrier)の研究が始まった...のまでは良かった。

ここから計画の迷走が起こる。当初F-35Bを搭載する予定であったCVFは、開発費低減のため、フランス新空母計画(PA2)との共同建造という幻想に手を伸ばしてしまう。だが、そもそもPA2は原子力のCATOBAR空母を目指していたにも関わらず、CVFは通常動力型のSTOVL空母である。これでは上手くいくはずもない。あれほど運用思想の違いには注意しろと...
これに加え、英仏両国の思惑の違いから、結局共同建造は白紙撤回。時間を無駄にするのみに終わった。さらに、搭載機もF-35Bの開発遅延を理由として、F-35Cへの転換を図ったものの、結局コストがより高くつくことが判明。また振り出しに戻り、クイーン・エリザベスは、そのままSTOVL空母として建造されることになる。

このような喜劇さながらの混乱にもかかわらず、開発自体はそれなりに順調に進み、2017年には一番艦が就役し、二番艦も命名式が執り行われた。

設計

空母を生み出したイギリスらしく、奇抜だがアイデアに溢れた設計である。まず目につくのはツイン・アイランドであろう。艦橋が航海艦橋と航空管制艦橋の二つ存在し、角度次第では非常に特異な艦容を見せる。しかし、形状を見ればステルス性に意を払っていることが分かるし、艦橋が二つあれば冗長性に優れるということも忘れてはならない。一つ一つが役割を持つことで、作業の混乱を避けることができるという恩恵もある。自動化も進んでおり、このクラスの軍艦としては非常に乗員が少ない。

なお建造に際しては、ドック内で大型のブロック同士をスライドし、溶接するという方法も採られている。

  • 機関
統合電気推進を採用したことで、機関配置も自由度が増した。(情報が断片的で、以下の記述には不正確さが残るかもしれないことを断っておく。)モーターは推進軸の近くに設置され、補助発電機などは艦底部にあるようだが、主機関であるMT30と主発電機に関しては、何を思ったか、スポンソン(※)の中に設置されているという。煙路を小さくし、重量は軽減できるが、対艦ミサイルなどを被弾しやすい場所に主機関が設置されているという血迷ったかのような設計である。むしろ機関を防御構造とし格納庫を守ろうとしているとも言われるが、それどこの戦車?まあ、裏を返せば魚雷では動力の喪失はほとんど起こらないし、万が一の時は補助推進機関もある、ということなのだが、ずいぶん割り切った設計である。

※スポンソン:船体から張り出した部分のこと。この場合は飛行甲板を支える張り出し。

  • 船体
主船体は19の防水区画に区分されており、甲板間の高さは大きく取られている。弾薬庫は大きく自動化が進んでおり、艦底付近に置かれた。船体の動揺を抑えるためにフィン・スタビライザーも装備しているとのこと。商船のように中央部が平面的なのも特徴で、これは工程を単純化するためだという。そして、英空母の特徴として欠かせないのが、太り気味の船型であることだろう。全長から考えるに、水線長/幅の比は7に近い数値であると推測されるが、これは空母というよりむしろ戦艦に近い。喫水も決して小さくはないため、高速航行にはあまり向かないと思われる。出力の小ささもあって、最大速力は26ノットほどであるとされる。

  • 航空艤装
飛行甲板は切り欠きが少なく、13,000㎡の広さを持つ。CATOBAR型への改装も視野に入れていたため、アングルドデッキも少しの変更で設置が可能であるという(もちろんアレスティングワイヤーやカタパルトなどの設置にコストがかかってしまうが)。航空機エレベーターは、かなり大型のものが右舷に二基装備されている。

  • 兵装
最低限の自衛用火器のみを搭載している。ファランクスと対舟艇用の30mm機関砲を両舷に装備しているが、対艦ミサイル防御には不安が残る。重量面の制約や、航空機の運用を最重要視すべきとしてこうなったのかもしれないが、同世代の空母と比較するとかなり少ない。


諸元

満載排水量65,000t
全長283.9m
全幅73m
水線幅38.8m
喫水11m
出力107,280馬力
速度26ノット
航続距離7,000浬


同型艦


関連タグ

イギリス海軍 海軍 空母 軍艦

pixivに投稿された作品 pixivで「クイーン・エリザベス級空母」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 175

コメント