ピクシブ百科事典

コンボゲー

こんぼげー

その名の通り、コンボがあるゲーム、もしくはコンボがメインとなるゲームの事。
目次[非表示]

概要

コンボはアクション・音楽・シューティング・格闘ゲーム等に存在する概念。コンボが繋がる程スコアが伸びる為、やり込みではいかにコンボを成立させるかが重要となる。

アクションゲームでは一定時間敵に攻撃できないか、ダメージを食らうとコンボが途切れてしまう事が多い。

リズムゲームでは自分のミスでコンボが途絶えてしまう。コンボ数が増える程スコアが上昇するので、スコアアタックではフルコンボで完走する事が求められる。

格闘ゲームにおいて

格闘ゲームにおいてはコンボとは連続技の事である。黎明期の一部の格闘ゲームを除き、基本的にはどの格ゲーにもコンボは存在する。普通の格ゲーと比べて、技の硬直をキャンセルするシステム等のが充実しており、1度のコンボで多大なダメージや、莫大なヒット数を弾き出せるものをコンボゲーと呼ぶ。

コンボゲーの多くはゲームスピードが早い為、適当に押してもコンボが繋がるが、長いルートのコンボを極めないとダメージレースで押し負ける事から、まずコンボの習熟が必須となる。その上、作品によってはフレーム速度の管理の要求(所謂目押しに代表される、コンマの差で成立の可否が決まるコンボが存在する為)、アクション毎のダメージ減衰率や減衰リセットを覚える等の要素が多い為、難易度が高いと言われる格闘ゲームの中でも特に上級者向けのゲーム性となっており、ライトユーザーには敷居が高い。

コンボゲーの登場は格ゲーの面白さを引き出した一方で、それ以前にあった『差しゲー(差し合いゲームの略で、単発火力による一発逆転が狙い易い仕様のスタイル)』を半ば廃れさせた事で、プレイヤーの選択肢を実質的に潰した事もあり、「『格ゲー』と言うジャンル全体の初心者離れを引き起こした一因」と見られる事もある。
更に行き過ぎたヒット数のコンボは、ソリティアと称される程に一方的な展開がされる為、対人戦では相手によっては嫌われ、初心者からは「ハメとどう違うのか?」と疑問符を上げられる事も。
また、コンボパーツの多さからテストプレイによる見落としもままあり、ループコンボが発見された場合、作品そのものが一気に廃れるケースもある(酷いケースだと、ループコンボ持ちのキャラクターしか使用しないユーザーも居る為)。

ダウン中の追撃や空中連続技などがある、カプコンの『X-MEN CHILDREN OF THE ATOM』をその元祖と見るのが一般的。その後に『ジャスティス学園』、『ギルティギア』、『メルティブラッド』等が続く。

主なコンボゲー

ギルティギアシリーズ
ゲージを一定量消費して各技の硬直モーションをキャンセルできる「ロマンキャンセル」により、連続技を更に繋げたり、コンボの枠から逸れた攻撃を繰り出して相手のガードを崩すことが可能。

怒首領蜂シリーズ
雑魚敵を連続で撃破していく事でコンボ数が上昇(ボス等の硬い敵にレーザーを当てる事でも上昇する)。
コンボ数はゲージがなくなると途切れる(怒首領蜂IIのみコンボ数が途切れずに減少していく)。
シリーズ1作目の首領蜂の時点でコンボはあるが撃墜してからのコンボ継続時間が短いうえにコンボゲージシステムが無く純粋な撃墜のみでカウントするため途切れやすい。

三国戦紀SH
このゲームで何よりも重要なのがコンボ。
コンボを繋げていく事で敵に与えるダメージに逆補正(威力が上昇)が付き、手に入るスコアもコンボに応じて上昇するのである。
上昇するスコアはキャラ毎に異なるのでこちらを参照
逆にコンボができないと全くスコアが手に入らない(=レベルアップしない)と言うゲームである。

関連タグ

コンピュータゲーム ゲーム用語
音ゲー/落ちゲー:ジャンル全体でコンボが重要なゲーム

外部リンク

コンボゲー - ニコニコ大百科
コンボゲー - 格ゲー.com 格ゲー用語事典

関連記事

親記事

ゲーム用語 げーむようご

兄弟記事

コメント