ピクシブ百科事典

怒首領蜂II

どどんぱちつー

2001年にリリースされた、カプコン販売・IGS開発の業務用シューティングゲーム。
目次[非表示]

概要

台湾のゲーム会社であるIGSが、CAVEのライセンスを得て開発を行ったシューティングゲーム。欧米諸国では『Bee Storm』、IGSのお膝元の台湾では『蜂暴』(フェンバゥ)のタイトルで発売された。システムボードはPGM(PolyGame Master)を採用。

前作にあたる『怒首領蜂』と比べ弾幕の密度が少なくなり難易度は下がっているものの、敵の耐久力が高く、避けながら敵を蹴散らすというプレイスタイルのため爽快感には欠ける。ライトユーザーやオールドタイプからの評価は良かったものの、『怒首領蜂』シリーズファンからの印象はあまり良くなかったようだ。

また、ボス登場時と打倒後に2文字の漢字と英文がでかでかと表示(メイン画像参照)されるのが特徴で、以降のステージもボス毎に異なる文字(撃破時の英文は全ステージ共通で-K.O-)が表示されるため、それが印象に残る人も多い。

モード紹介

  • 練習モード

実戦モードを簡単にした初心者向けのモードだが、4面までしかプレイできず、エンディングもバッドエンドとなる。

  • 実戦モード
本作の基本となるモード。全6面+1面。
  • インターネットランキング(以下IRモード)
実戦モードより更に難易度が高く、ボムモードがエネルギーモードのみとなる(特定のコマンドを入力すればボムモードも使用可)。クリアすればランキング登録用のパスワードが表示され、このパスワードを『怒首領蜂II』の公式サイトに入力すればランキング登録できた(現在は集計を終了)。

ゲームシステム

コンボ

敵に攻撃を当て続ける事でヒット数のカウントが上昇する点は前作のゲットポイントシステムと同じだが、本作では攻撃がヒットした時の撃ち込み点(10点×ヒット数)が上昇するようになっている。攻撃が途切れてもカウントが徐々に減少するのみで即ゼロとはならない(ミスするとカウントはゼロになる)ものの、ショット以外の攻撃ではヒット数を増やすことはできない。

スペシャルウェポン

本作はキャラクター選択時にボムの種類を選択できる。

  • ボムモード
ボムアイテムを取ることで、最大5つまでボムをストック可能なモード。
『怒首領蜂』のスプレッドボムに相当する性能で、発動すると敵全体にダメージ+敵弾を消去の効果。ただし威力が低く、特にボス戦では有効なダメージを与えられず戦闘が長引きがちになるため、あまり役に立つとは言えない(注:IRモードでは強制的にエネルギーモードとなるが、モードセレクト時にスタートボタンを押しながらIRモードを選ぶとボムモードも使用できるようになる)。
  • エネルギーモード
敵弾にかすり続ける事でゲージを溜め、ゲージがMAXになるとボムを発動できるモード。発動すると前方に強力なレーザーを発射して敵に大ダメージを与える、いわゆるレーザーボムに相当する性能。

ちょっといい話

  • コンティニューしても

本作はコンテイニューしてもスコアが没収されず、そのまま持ち越しとなる。

  • 夢魔 -NIGHTMARE-
第1ステージには、いきなり前作のラスボスである『最終鬼畜兵器・蜂』が登場する。ただし、最初のステージだけあって超弱体化しており、普通に攻撃していれば10秒も経たずに「浄化-K.O-」できてしまう。
  • 隠しステージの扉が開く・・・
6面クリア時にスコアが4億点(設定で変更可能)以上あると、ステージ7に進むことができる(途中でコンティニューしてもOK)。

関連タグ

怒首領蜂 シューティングゲーム 弾幕シューティング

鈊象電子(製作元)
カプコン(発売元)
CAVE(版権元)

関連サイト

公式サイト(掲示板・インターネットランキングは現在閲覧不可)
SWEEP RECORDによる本作のサントラ紹介首領蜂怒首領蜂との3作同時収録)
wikipedia

関連動画

関連記事

親記事

鈊象電子 しんしょうでんし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「怒首領蜂II」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9664

コメント