ピクシブ百科事典

サミュエル・ベラミー

さみゅえるべらみー

イングランドの海賊、サム・ベラミーとも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

1689年-1717年。
イングランド出身の海賊で別名ブラック・サムベラミー、海賊のプリンスという異名を持つ。

略歴

美形の海賊かつ悪の海賊であるが、人種差別をせず彼の船では黒人なども白人と平等に仲間として扱われていた。当然、略奪や人身売買も平気で行っていたが、一方で無意味な拷問や殺戮を行うことは少なく約束は守る主義でベラミーは奴隷船「ウイーダ号」(後に自らの主船となる)を奪った際も、ベラミーはウィーダ号だけを奪って乗組員達は自分の乗っていた船に乗せ無傷で返したとされる逸話がある。

海賊家業の絶頂期に米マサチューセッツ州ケープコッド沖で、暴風雨に襲われウイーダ号は沈没し、ベラミーは消息を絶っている。

備考

  • 部下を仲間として扱っていた為、民主主義でカリスマがあった。
  • 完全な義賊ではないがベラミーはこの時代故に海賊へと落ちぶれてしまったともいえる。


関連タグ

ヨーロッパ史 中世ヨーロッパ イングランド アメリカ
義賊 ダークヒーロー

ベラミー:『ONEPIECE』に登場したこのサム・ベラミーを名の由来とするキャラクター。こちらはハイエナと呼ばれる正反対の小悪党だった。

コメント