ピクシブ百科事典

サーファーズパラダイス

さーふぁーずぱらだいす

キャラクターグッズの開発、エンターテイメント系商品の総合販売を行っていた会社。なお、同名の町も存在する。
目次[非表示]

概要


この項目では後者に関して解説を行う

会社

元々は登録型サーチエンジンの運営サイトであったが、後に法人企業化。2015年まではイラストサイトを中心としたサーチエンジンの管理運営を主な業務としていた。しかし後発の各種検索エンジンやSNS等にその座を押される形で終了を迎え、その後は実店舗や公式サイトにおいて2019年まで上記の商品販売業務を行っていた。現在は業務終了により実店舗・公式サイト共に存在しない。

名称

名前はネットサーフィンからの連想と思われ、のイメージにちなんでか、夏場にイラストコンテスト、MissSurfersparadiseを実施していたが、こちらも公式サイト自体が失われている。

歴史

1996年5月30日開設のイラストサイト中心の登録型サーチエンジンとして活動開始、同系のサイトとしては早い時期から最大級の規模となっており、2000年に現在のURLに移転する。サーチエンジンサイトを軸にして、通販サイト、同人・商業書籍ソフトのダウンロード販売サイト、アニメ・漫画・ゲームに関する情報サイト、コミュニティサイト(今でいうSNSに近い)、携帯電話待受画像配信などの関連サービスも行っていた。
2004年にエンターテインメント系持株会社・イマ・グループの子会社となり法人化する。このあたりから自社での商品開発・販売も行われるようになり、2007年以降のコミックマーケット企業ブースにも出店していた。
2007年8月には、SNSにゲーム要素を融合させたSNG「紅炎のソレンティア」をスタートさせた。ドラマCDが2枚制作・発売されるまでに至ったが、2015年4月末に惜しまれつつも終了。紅炎のソレンティアのサービス期間内にも、別のSNGを3本制作・運営・稼働していた。
2008年からは東方Project関連のグッズブランド・東方波天宮を設立、トレーディングカード東方雅華乱舞」などのグッズを、2018年12月まで制作発売したが、その後2020年6月23日に、キャラクターグッズ企画制作販売を行うグループ会社・ソル・インターナショナルへ東方波天宮の運営移管が行われ、新規のグッズ制作販売が再開されることとなった。
2009年8月には秋葉原にサーパラショップ秋葉原店をオープン。
2011年6月には、同年4月に親会社のイマ・グループに傘下入りしたスタジオディーンと提携し、i-style projectにてVOCALOID3への参入を発表している。
その他では、2007年頃から2014年2月末まで「サーパラブログ」というブログサービスも運営していた。容量無制限だった上に、アニメ・ゲーム作品の公式コラボスキンも多数用意されていた。

開発・販売会社へ

しかしサーチエンジンとしては、ブログおよび創作系SNSの普及、それまでサイト+電子掲示板形式だった攻略サイトのwiki化、それらに伴うホームページサービスの規模縮小、ロボットによる無差別登録、Google等総合サーチエンジンの性能向上、諸般の事情に伴い急激に縮小していく個人サイト等、激変していく周囲の状況に対し、旧態依然とした登録型サーチエンジンであるサーファーズパラダイスは急激にその存在感を低下させていった。そしてついに、2015年7月24日をもって登録サイトの検索サービスを終了するという結果に至ってしまう。以後はエンターテイメント系商品の実店舗や、通販サイトによる販売および商品開発を中心とする形態へと業務内容を変化させていった。

終焉

その後しばらくの間は同形態において業務を行うも、2019年1月15日にサーパラショップ秋葉原店が閉店、続いて消費税増税後の10月末にネット上のサーパラショップも閉鎖となり、11月末でサーファーズパラダイスの公式サイト自体が閉鎖。会社の業務組織としては完全に終了し、23年に渡った歴史についに幕を下ろすこととなった。

登録型サーチエンジン

この種の登録型サーチエンジンは、上記の状況を受けた近年のインターネット情勢の大きな変化によりTINAMIのように創作コミュニティサイト化、あるいはこのサービスのように別業態としてして生き残りを図ろうとするケースが多い。特に個人経営の多くのサイトは運営元あるいは管理人の都合により閉鎖するものも増加している。

関連タグ

サーチエンジン ネットサーフィン
イラスト CG
i-styleproject MissSurfersparadise
紅炎のソレンティア 東方雅華乱舞
TINAMI ゲーム派ドットコム

外部リンク

株式会社サーファーズパラダイス(ウェイバックマシン)(※サイト閉鎖告知)

関連記事

親記事

サーチエンジン さーちえんじん

子記事

兄弟記事

コメント