ピクシブ百科事典

ザクソン

ざくそん

「ZAXXON」とは、1982年に稼動したセガ製のアーケードゲームである。
目次[非表示]

概要

セガが1982年1月に発売したアーケードゲーム池上通信機との共同開発。
クォータービューシューティングゲームである(当時クォータービューという言葉は存在しなかった)。
最新鋭の宇宙戦闘機を駆って敵基地に侵入し、最深部の司令ロボットを破壊する事がプレイヤーの目的。
一応は2Dシューティングに分類されるが、立体感のあるグラフィックや挙動によって思わず3Dと錯覚してしまうような没入感と迫力を備えており、日本のみならず海外でも大ヒットした。

同年にはスクロールが高速化、敵機の攻撃のバリエーション追加、ボスが怪獣型になるなどのマイナーチェンジを施された「スーパーザクソン」がACにてリリースされている。

家庭用への移植

日本国内外で人気を博したザクソンは、1982年にコレコビジョン移植され、翌1983年にAtari5200へ移植された。
だが、セガの自社ゲーム機SG-1000に移植されたのは発売から3年後の1985年2月だった。
理由は定かでは無いが、一説ではコレコ社等の海外ゲームメーカー家庭用ゲーム化の権利を与えていたために、セガは自社ハードに移植できずにいたともいわれている。

ザクソン3D

1987年11月7日に発売された、セガマークⅢ版のザクソン。
立体視システム・3-Dグラスに対応した最初のソフトである。
1982年にセガが発売した立体視のアーケードゲーム『サブロック3D』で培われた技術が投入されている。
ちなみに同年発売のファミコン3Dシステムを接続しても問題無く動作する。
クォータービューではなく、真正面向きの3Dシューティングになっている。

関連作

・フューチャースパイ
1984年にリリースされたAC作品。直接の続編ではないが本作のシステムを下敷きにしている。高度調節がなくなった代わりに、地上への爆撃(ミサイル攻撃も有り)や特定のオブジェクトに接触することでステージが異次元空間に切り替わる、地上敵から自機に向けた攻撃に識別マークが付くなどの独自要素がある。

・パラスコード
1995年にセガから発売されたスーパー32X用のクォータービューシューティング。海外版はタイトルが「Zaxxon's Motherbase 2000」であることから、ザクソンの関連作という扱いになっている。自機に搭載された「パラサイト・コネクター」という機能を駆使し,味方の機体や敵の機体をハッキングし、その機体特有の耐久力や移動速度を獲得すると同時に、ハッキングした機体の武器を「ラーニング」して使用可能とする独特なパワーアップシステムが特徴。

関連タグ

セガ アーケードゲーム クォータービュー シューティングゲーム

別名・表記ゆれ

ZAXXON

関連記事

親記事

セガ せが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ザクソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 420

コメント