ピクシブ百科事典

ザ・キルトス

ざきるとす

『超新星フラッシュマン』に登場する怪人・獣戦士の一体(イラスト左)。
目次[非表示]

リー・ケフレン「キルト!その身を捧げよ!」

CV:なし(SE)
登場話:第45話「戦士よ地球を去れ」

概要

改造実験帝国メス大博士リー・ケフレンがデウス遺伝子とキルトを素体に創り上げたデウス獣戦士。無機質な頭部をもつ白い細身のネコのような姿を持ち、獰猛な肉食動物のような不気味な鳴き声を発する。

人間の命を吸収してパワーアップすることができ、フラッシュマンに容易く重傷を負わせるほどに強力な鋭い爪を武器とする。
爪は生命吸収により何度でも復活でき、1本復活させるのに若い人間1人が老人と化すほどの生命力を必要とする。

また、相棒たるキルトが異形と化しても尚、ウルクは彼女を「キルト」と呼んでいた。

活躍

キルトを素材に創造され、鋭い爪による攻撃でフラッシュマンを圧倒する。レッドフラッシュのプリズム聖剣によって爪を全て切断され、錯乱するまま逃走。
そして人間を襲い爪を復活させるが、プリズムフラッシュからの閃光を喰らい撤退。

そして人間の命を吸収して爪を全て復活させ、ウルク、ワンダーラ、ゾローと共にフラッシュマンを強襲。ワンダーラのタイムストップ3秒殺しに乗じてフラッシュマンに重傷を負わせ、レッドに羽交い絞めされた隙にブルーのスーパーサイクロンを喰らうも、その際ウルクが己の身を盾としてキルトスを護る。そしてウルクは喪失した爪を回復させるべく、キルトスに自身を吸収させた。

ウルク「キルト・・・ウルクは、いつもお前と一緒!あたしの、エネルギーを・・・!」

イエローフラッシュ「改造生命体にも、仲間を想う気持ちがあったなんて!」

しかし奮戦空しく、クロスブーメランを喰らい再度爪を落とされ、スーパースピアとローリングバルカンを喰らい敗北する。

直後ワンダーラに呼び出された クラーゲンの巨大化エネルギーを浴びて再生・巨大化。
眼からの光線でタイタンボーイを攻撃するが、最期はグレートタイタンのタイタンノバの前に爆散した。

敗北後、エネルギーを吸われた人間は元に戻った。

余談

本話にて、ケフレンはデウス遺伝子が大帝ラー・デウスの身体から出ていることを突き止め、ラー・デウスをデウス獣戦士に改造することを企てた。

また、フラッシュマンの反フラッシュ現象が地球の生命から拒絶される(人に触れれば電撃が走り、植物に触れれば炭酸ガスが発生する)ほどに悪化した。

関連タグ

獣戦士(フラッシュマン) 改造実験帝国メス 獣戦士

関連記事

親記事

デウス獣戦士 でうすじゅうせんし

兄弟記事

コメント