ピクシブ百科事典

デウス獣戦士

でうすじゅうせんし

『超新星フラッシュマン』第44話から登場する強化型の獣戦士。
目次[非表示]

第44話からはデウス遺伝子とエイリアンハンター(またはメスの幹部)の遺伝子や肉体そのものを合成して作り出され、通常の獣戦士の数倍のパワーを持つデウス獣戦士も登場した。デウス獣戦士を作り出す際は、ケフレンに作られた者たちは遺伝子シンセサイザーの音で激しい苦しみに襲われる。だがデウス獣戦士を作り出すためにラー・デウスが指先からデウス遺伝子を出しているところをリー・ケフレンに目撃されたことでラー・デウスの正体が次第に明らかになってしまい、それまで一枚岩だったメスの内部で対立・造反を招くこととなってしまう。

概要

大帝ラー・デウスが抽出したデウス遺伝子と改造実験帝国メスの幹部の遺伝子や肉体、エイリアンハンターを掛け合わせて生み出された獣戦士の強化型。

遺伝子シンセサイザーで作り出される際、大博士リー・ケフレンに作られた改造生命体はその音で激しい苦しみに襲われる。

従来の獣戦士とは一線を画する強さを誇り、名称は獣戦士と同様に「ザ・~」で統一されている。
獣戦士と同様、フラッシュマンに倒されれば、クラーゲンの放射する巨大化エネルギーを浴びて再生巨大化する。

物語終盤で反フラッシュ現象が発症した事もあり、フラッシュマン達は更なる苦戦を強いられる事になる。

しかし、「素材として準幹部のキルトサー・カウラー配下のエイリアンハンターを用いる」というケフレンの非情なやり方と狂気がメスの内紛のきっかけとなり、カウラーの反逆を招いたばかりでなく、デウス自身も反旗を翻したケフレンによってザ・デウスーラに改造されてしまった。

一覧

名前素体登場話
ザ・タフモスバウラハグホウ第44話
ザ・キルトスキルト第45話
ザ・ネフルスレー・ネフェルの遺伝子第46話
ザ・ワンダルレー・ワンダの遺伝子第47話
ザ・ガルデスボー・ガルダン第48話
ザ・デウスーラ大帝ラー・デウス第49話
ザ・デーモス大帝ラー・デウスの仮面、クラーゲン最終話(第50話)


関連タグ

超新星フラッシュマン 改造実験帝国メス

pixivに投稿された作品 pixivで「デウス獣戦士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 653

コメント