ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

デウス獣戦士

でうすじゅうせんし

デウス獣戦士(メイン画像はザ・ネフルス)とは、特撮テレビドラマ『超新星フラッシュマン』に登場する敵怪人の総称の一つ。
目次 [非表示]

ラー・デウス「いよいよデウス遺伝子液を使う時が来た」

リー・ケフレン「デウス遺伝子・・・こんな凄い遺伝子があったとは」


概要

改造実験帝国メスが物語終盤より使役する改造生命体で、従来使役してきた獣戦士の強化型に当たる。

生成のプロセスやネーミングのフォーマット(「ザ・〇〇」)、それに人工心臓の存在や巨大化のプロセスなど、基本的な部分こそ従来の獣戦士と同様であるが、従来とは大きく異なる点として、首領である大帝ラー・デウスの身体より抽出された「デウス遺伝子液」と、「幹部やエイリアンハンターの遺伝子や肉体」を素材に使用するという点が挙げられる。


このように、元々が強力な生命体同士をかけ合わせて生成されているため、どの個体もそれまでとは一線を画する強さを備えており、時同じくして反フラッシュ現象による身体の変調に見舞われたフラッシュマンを、さらなる苦戦に追い込む要因の一つともなった。


他方で、生成される際に大博士リー・ケフレンに作られた改造生命体は遺伝子シンセサイザーの音色で激しい苦しみに襲われる」という奇妙な現象も確認されている。

また、「素材として幹部達や、サー・カウラー配下のエイリアンハンターを用いる」ことで、ケフレンの非情なやり方と狂気がより一層浮き彫りにされた上、生成に必要なデウス遺伝子液の出処に起因してデウス自身の正体までもが明らかにされていったことで、それまで一枚岩だったメスの内部でも対立・造反が引き起こされるなど、デウス獣戦士の生成はメスという組織にとって良くも悪くも大きな転換点となったのである。


一覧

名前素体人工心臓登場話数
ザ・タフモスバウラ、ハグ、ホウ左胸第44話
ザ・キルトスキルト第45話
ザ・ネフルスレー・ネフェルの遺伝子左胸第46話
ザ・ワンダルレー・ワンダの遺伝子左胸第47話
ザ・ガルデスボー・ガルダン左胸第48話
ザ・デウスーラ大帝ラー・デウス胸部第49話
ザ・デーモス大帝ラー・デウスの仮面、クラーゲン胸部最終回

関連タグ

超新星フラッシュマン

改造実験帝国メス 獣戦士


スーパー戦隊一般怪人の系譜

宇宙獣士獣戦士/デウス獣戦士地帝獣

関連記事

親記事

改造実験帝国メス かいぞうじっけんていこくめす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2530

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました