ピクシブ百科事典

クラーゲン

くらーげん

『超新星フラッシュマン』に登場する巨大化用の改造生命体。
目次[非表示]

概要

改造実験帝国メス大博士リー・ケフレン大帝ラー・デウスの指示の下、クラゲの遺伝子と宇宙生物を合成して作り上げたエネルギー生命体。

獣戦士が倒れた際に幹部の招集によって巨大化し、改造実験基地ラボーから飛び立ち、巨大な目玉からの巨大化エネルギーで獣戦士やデウス獣戦士を再生巨大化させる。

再生巨大化後はサッカーボールサイズにまで縮小した「チビクラーゲン」と化し、幹部に拾われたり、自力でその場から立ち去ったりする。

巨大化エネルギーの放出で縮小化した後、ラボー内で溶液に漬かる事でエネルギーを補充し、再び巨大な姿となる。

最も原始生物に近い改造生命体の為、サー・カウラーの初登場時はその動物的本能からカウラーに怯え、ラボーから逃走してしまい、幹部達はこの脱走騒ぎで追い掛けるハメとなった。

騒ぎを聞き付けたフラッシュマンも捕獲しようとするが、木の上からおもらしをし、ブルーフラッシュはそれを浴びてしまう。

その後、カウラー配下の獣戦士であるザ・ズゴンタに吸収され、その体内でエネルギーを吸収し、最終的にズゴンタを3体に分裂させ、これによってフラッシュキングを大破させる要因となった。

召集の特殊例としてザ・パワブルは倒されずにラボーで改造してからクラーゲンが輸送を兼ねた後に巨大化し、ザ・ゾバルダは倒されない内に巨大化させられ、デウスは倒された後にザ・デウスーラの姿で巨大化した。

最後の獣戦士であるザ・ギータンはエイリアンハンター・ケラオを食らう事で成長し、自ら巨大化した為に召集されていない。

獣戦士ではない幹部のレー・ガルスも再生巨大化させたが、戦闘員であるゾローはできない模様。

最終決戦時でデウスの残骸と融合され、最後のデウス獣戦士であるザ・デーモスとなった。

余談

名前の由来はモチーフの「クラゲ」とイカのような巨大な怪物「クラーケン」である。

『百化繚乱[上之巻]』によれば、「縮小形態はラジコン操作の自走タイプ幹部の肩に乗る人形の2種類が作られた」らしい。

関連タグ

超新星フラッシュマン 改造実験帝国メス

巨大化の系譜
ギョダーイクラーゲンオケランパ

関連記事

親記事

改造実験帝国メス かいぞうじっけんていこくめす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クラーゲン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34

コメント