ピクシブ百科事典

シュート・サザーランド

しゅーとさざーらんど

シュート・サザーランドとは、ライトノベル・アニメ『乃木坂春香の秘密』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:間島淳司

概要

サザーランド家の御曹司
父はサザーランドグループの現会長コネリー・サザーランド(アニメEDでのクレジット表記は「シュート父」)(CV:谷口節)。

春香の誕生日パーティーに招待された来客者の一人として初登場。4人の取り巻き(ラノベでは執事、アニメでは普通の友人)と一緒にいることが多い。
キザでナルシストな性格をしており、裕人のような庶民やメイド執事など、自分より地位の低い人間は容赦ない態度で見下す嫌味な性格で、自らは父親を宛てにしている七光りだが、その自覚は全くない。

春香の誕生パーティで裕人を脅したり、(正体を知らなかったとはいえ)乃木坂家の首魁・王季に無礼な態度をとり、サザーランド家を存続危機に追い込むような真似をしたために父の怒りに触れ、見習い執事をさせられる羽目となった(父もそれ以前まで息子を甘やかしつつあったが、この一件以来、態度を一変させ息子に対して厳しくなった)。
しかしその後も全く反省する様子はなく、メイド×執事親睦会で幼いアリスを容赦ない態度で見下し、彼女が大事に持っていたカエルの人形『ゲロリアンX』を踏みつけ、彼女を庇った裕人に土下座させた上でワインをかけ、会場内のメイドや執事達を見下すが、葉月と那波からお仕置きを喰らってしまう。しかも、水面からの電話を通じて今回の騒動を聞かされた父から電話越しでさらなる処分を言い渡され、「煮るなり焼くなり好きにしていい」とシュート父から言い渡されたメイド・執事達も殺る気満々の表情でシュートをフルボッコ及び血祭りに挙げるのだった。

関連タグ

乃木坂春香の秘密 乃木坂春香 綾瀬裕人 かませ犬 親の七光り 吐き気を催す邪悪

関連キャラ

白鳥麗次スパンダム、(改心以前の)ヘルメッポ…主に親の権力の盾に周囲を見下している者達。

コメント