ピクシブ百科事典

ショートフェイスベア

しょーとふぇいすべあ

哺乳綱食肉目クマ科に属する大昔の熊の仲間。

概要

の一種。
別名アルクトドゥス。
体長3m。
食べ物はラクダバイソンウマ等の大型草食動物
生息年代は更新世後期。
北アメリカカナダアラスカに分布。
氷期の北アメリカ大陸での最大の肉食動物。そのクマは立ち上がると高さ3.4mにもなる巨体。他のクマと比べ、4本の足は長く、特に後足は異様に長く 細かったそうである。一見スリムな体格で巨体のわりに敏捷に走れたと思われる。の形状からも肉食傾向が強いと考えられ、大型草食獣を襲うかなりの捕食者と思われる。さらに広い頬骨とそれに繋がる筋肉が発達しており、獲物の骨を噛み砕くほどの強力なも持っていた。ショートフェイスベアは名前の通り頭骨が鼻面が短く、幅が広くなっており、クマというよりネコ科の動物に近い形質をもっている。このことから現代、アンデス山脈に生息する現生のメガネグマに近縁だと言われている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ショートフェイスベア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86

コメント