ピクシブ百科事典

シールドアタッカー

しーるどあたっかー

シールドアタッカーとは、『ロックマン』シリーズに登場する敵キャラクターである。
目次[非表示]

概要

ロックマン4に登場した敵キャラクター。元は警護用のシールドだったが、ロケットエンジンで自ら飛ぶよう改造されたロボット。基本的に前方からの攻撃を防ぐが、ロケットエンジンの部分もとい後方からの攻撃が弱点である。行動パターンは一定の場所を往復している。

シールドアタッカーの派生種

新シールドアタッカー
ロックマン5』に登場。角張ったシールドになった。

シールドアタッカーGTR
ロックマン6』に登場。上下合わせて4つのスパイクが付いた。

真・シールドアタッカー
ロックマン7』に登場。縦に向きを変える。

ハンニャアタッカー
ロックマン8』に登場。顔が般若になっているシールドアタッカー。

シールドアタッカーRX
ロックマン9』に登場。

シールドアタッカーTRL
ロックマン10』に登場。実はフォルテバスターでシールドが吹っ飛ぶ。

シールドアタッカー(ロックマン11版)
ロックマン11』に登場。方向転換の際にシールドが上下反対側に反転する。

バリアアタッカー

ロックマンX2』に登場。バリアを纏う。

関連タグ

ロックマン 敵キャラ

関連記事

親記事

ロックマンシリーズのキャラクター一覧 ろっくまんしりーずのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

コメント