ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ジョリー・ザ・ジョニー

じょりーざじょにー

「ジョリー・ザ・ジョニー」とは、「デュエル・マスターズ」に登場するクリーチャーの一体。
目次 [非表示]

「引き金は2度ひかねぇ…一発が全てだ!」


CV:小林親弘(ジョラゴンの声も担当)


概要編集

デュエル・マスターズの新文明「ジョーカーズ」の初代マスタークリーチャー

『ジョー編』でのジョーの最初の相棒であり、ジョーの相棒として何度かパワーアップを遂げて共に戦い抜いた。


ジョーとの別れと再会…そして…編集

ジョーとは2度別れており、最初は宿敵を倒す為にジョーをジョラゴンに任せ、旅に出た時。二度目は『デュエル・マスターズ!!』(超天篇)でジョラゴンと共に旅に出た時。


そして、『ジョー編』最終章でもある『デュエル・マスターズキングMAX』(王来MAX編)にてジョーカーズ星が破壊され意気消沈するジョーの前に三度帰還。本人曰く「ジョーの声が聞こえた」との事。『キングMAX』ではモモキングがジョーカーズ星の破壊に伴い使用不可になった事から、再びジョーの相棒の切り札として再臨する事になり、『ジョー編』を追い掛けて来たファンには嬉しい展開となった。

と言うのも『ジョー編』の途中から入って来た人はジョーの相棒はジョラゴンかモモキングのイメージが強い人も居るだろうが、『ジョー編』初期やそれ以前の『VSRF』最終盤、特に後者の時点から追っている人は「ジョーの相棒=ジョニー」のイメージである人が居る事が理由である。

実際に、シリーズの集大成であるマスター・ファイナル・メモリアル・パックに新規に収録される主要人物の新カードは最初の相棒であるジョニーの「ジョリー・ザ・ジョニー Final」だった。

因みに、再開時にはジョラゴンの事について触れられなかった為、ジョニー再登場時の説明もあって「ジョラゴンは無かった事にされたのか」と疑われたが、後に旅の途中で別れた事が判明する。


傷の設定編集

ジョーがジョニーを生み出す前に付けた設定だが、

2度傷をつけた相手を探す旅をしていた。

しかし実は、傷をつけた相手はいなかった。

ジョーが傷をつけた相手の設定までも忘れていたので、ジョーはなんのために旅立たせたのかと嘆くが、そのおかげでS-MAX進化の力を付けられたとジョニー自身は語っている。


決闘学園編にて編集

ヒーローウガタが主人公達の切り札を含めたデッキで使用。

ジョニーのエクストラウィンを狙おうとするも、シールドトリガーで墓地からアビスベル=覇統=ジャシン帝を呼び出され、伏せがれた。


それぞれの能力編集

ジョリー・ザ・ジョニー Joe編集

文明:火文明

パワー19000

コスト10

種族:無し

スピードアタッカー

Q・ブレイカー

このクリーチャーが召喚によって出た時、バトルゾーンに相手のクリーチャーがなければ、自分はゲームに勝つ。バトルゾーンに相手のクリーチャーがあれば、他のクリーチャーをすべて破壊する。

  • 最初のジョニー。このときはまだラクガキの状態で、不完全だった。

ジョリー・ザ・ジョニー編集

文明:ゼロ

パワー10000

コスト7

種族:ジョーカーズ

スピードアタッカー

マスターWブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする。このクリーチャーがバトルゾーンに出たターン、各ブレイクの前に、相手のクリーチャーを1体破壊する)

バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが5枚以上あれば、このクリーチャーはブロックされず、攻撃の後、相手のシールドもクリーチャーもなければ、自分はゲームに勝つ。


メラビート・ザ・ジョニー編集

文明:火

パワー10000

コスト7

種族:ジョーカーズ

スピードアタッカー

W・ブレイカー

マスター・W・メラビート:このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「J・O・E」能力を持つジョーカーズを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。このターンの終わりに、それらを好きな順序で自分の山札の一番下に置き、その後、こうして下に置いたクリーチャー1体につき、カードを1枚引く。

このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分のジョーカーズが5体以上あれば、相手のクリーチャーをすべて破壊する。


オラマッハ・ザ・ジョニー編集

文明:自然

パワー13000

コスト8

種族:ジョーカーズ

T・ブレイカー

マスター・マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。このターン、このクリーチャーがバトルに勝った時、アンタップし、相手のシールドを1つブレイクする)

このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚自分のマナゾーンから手札に戻す。

相手が呪文を唱えた時、その呪文とコストが同じジョーカーズ・カードを1枚、自分の手札から捨ててもよい。そうしたら、その呪文は効果を失う。

  • 自然文明の力を手に入れたジョニー。闘牛士モチーフ。

ブラッキング・ザ・ジョニー編集

文明:ゼロ

パワー5000+

コスト8

種族:ジョーカーズ

マスターブレイカー

このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーを攻撃できる。

このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。こうして表向きにした無色クリーチャー1体につき、このターン、このクリーチャーはパワー+5000され、シールドをさらに1つブレイクする。表向きにしたカードはすべて、好きな順序で自分の山札の一番上または下に置く。

  • ジョーの夢の中に出てきたジョニー。

ジョギラスタ・ザ・ジョニー編集

文明:水/火/自然

パワー15000

コスト8

種族:ジョーカーズ/ワンダーフォース

スピードアタッカー

マッハファイター

T・ブレイカー

このクリーチャーがバトルに勝った時、GR召喚する。その後、カードを1枚引いてもよい。

マスターJGR:このクリーチャーがシールドを1つ以上ブレイクする前に、GR召喚を2回する。その後、カードを2枚引いてもよい。

各ターンはじめて自分のシールドが1つ以上ブレイクされる時、かわりに相手のシールドを1つブレイクする。


MAX・ザ・ジョニー編集

文明:光

パワー10000+

パワード・ブレイカー

種族:S-MAX進化クリーチャー:ジョーカーズ/レクスターズ

S-MAX進化:自分がゲームに負ける時、かわりにこのクリーチャーを破壊するか、自分の手札から「MAX・ザ・ジョニー」を1枚捨てる。(このクリーチャーは進化元を必要としない。自分のS-MAX進化クリーチャーが2体以上あれば、そのうちの1体を残し、残りをすべて手札に戻す)

自分の他のジョーカーズまたはレクスターズ1枚につき、このクリーチャーのパワーを+2000する。

このクリーチャーの各ブレイクの前に、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。

このクリーチャーの攻撃の終わりに、自分のシールドが10以上あれば、自分はゲームに勝つ。


ジョリー・ザ・ジョニー Final編集

文明:ゼロ

パワー15000

コスト10

種族:ジョーカーズ

相手のマナゾーンにある文明1つにつき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。

このクリーチャーは、出たターン、相手プレイヤーに攻撃できる。

T・ブレイカー

このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計5枚以上あれば、バトルゾーンにある相手のカードを各文明1つずつ選ぶ。相手はそれらのカードを好きな順序で山札の下に置く。

  • 『ジョー編』最後のジョニー。

頂上電融ジョルト・ザ・ジョクスト4th編集

文明:水/火/自然

パワー10000

コスト7

種族:ディスペクター/ガイアール・コマンド・ドラゴン/ジョーカーズ

EXライフ

スピードアタッカー

W・ブレイカー

このクリーチャーはブロックされない。

このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。

各ターン、このクリーチャーがはじめてタップした時、自分のマナゾーンにドラゴンまたはジョーカーズが合計5枚以上あれば、このクリーチャーをアンタップする。

このクリーチャーの攻撃の終わりに、相手のシールドもクリーチャーもなければ、自分はゲームに勝つ。

  • ジョリー・ザ・ジョニーと超戦龍覇 モルト NEXTが合体されたディスペクター。元ネタは第4回公認グランプリ(DMGP-4th)決勝戦でぶつかった【ジョーカーズ】VS【モルト NEXT】の切り札同士。

使用するデッキ編集

クリーチャーではあるが、デュエマも出来る。

自身とメラビート・ザ・ジョニー、そして相棒のシルバー中心のデッキである。


関連タグ編集

切札勝

ジョット・ガン・ジョラゴン モモキング

ジョーカーズ

関連記事

親記事

ジョーカーズ じょーかーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48528

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました