ピクシブ百科事典

スウィアトイ・エフスターフィイ級戦艦

すうぃあといえふすたーふぃいきゅうせんかん

ロシア帝国海軍が建造した戦艦の艦級
目次[非表示]

→ 詳細は「wikipedia:エフスターフィイ級戦艦」へ

概要

1903年から1923年の艦隊整備計画枠で、黒海艦隊向けに計画された。クニャージ・ポチョムキン・タヴリチェスキーの改良発展型。
建造中に起きた日露戦争からの戦訓から、上部構造物簡素化によりトップへヴィーを緩和し、副砲の口径アップにより火力を向上、75ミリ単装砲のケースメイト収納、甲板の装甲化などが行われた。
工事中にイギリス海軍にドレッドノートが就役し(1906年)、完成前に時代遅れとなってしまった。

性能諸元

排水量12,840t
全長118.03m
全幅22.55m
吃水8.23m
機関ベルヴィール式石炭専焼水管缶22基+直立型三段膨張式レシプロ機関2基2軸
最大出力10,800hp
最大速力16.5kt
航続距離10kt/4,000浬
武装1895年式40口径305mm連装砲塔×2基、1905年式50口径203mm連装砲塔×4基、1892年式45口径152mm単装速射砲×12門、50口径75ミリ単装速射砲×14門、オチキス25口径47ミリ単装砲×6門、45cm水中魚雷発射管×3基
乗員879名


同型艦

スウィアトイ・エフスターフィイ
艦名はキリスト教人、エウスタキウスから。
1904年7月13日起工、1910年8月11日黒海艦隊に就役。ロシア革命後は様々な勢力の間を転々としたが、1919年にイギリスに接収されて爆破され、1923年に解体処分された。

イオアン・ズラトウースト
艦名はキリスト教の聖人、ヨハネ・クリゾストモ金口イオアン)から。
1904年11月13日起工、1911年8月11日黒海艦隊に就役。ロシア革命後は様々な勢力の間を転々としたが、1919年にイギリスに接収されて爆破され、1923年に解体処分された。

前級:ボロジノ級戦艦
次級:インペラートル・パーヴェル1世級戦艦

外部リンク

wikipedia:エフスターフィイ級戦艦

関連タグ

ロシア帝国海軍 ロシア海軍 戦艦 前弩級戦艦

コメント