ピクシブ百科事典

スカーサハ

すかーさは

スカーサハとは、グランブルーファンタジーに登場するキャラクターである。[護国真龍]スカーサハ。
目次[非表示]

※ケルト神話の登場人物については「スカアハ」を参照。

  • フレーバーテキスト
ヒトの子と契約した真龍は、星の民との諍いの時代からアルスター島に籠り続けた。永遠にも思える孤独の末、彼女はヒトに交わるようになり、そして好奇心を揺さぶられる。風のように自由な心が解き放たれる時が来たのだ。

概要

レアリティSSR
属性
タイプ攻撃
種族(この『スカーサハ』として活動する肉体は)エルーン
年齢覇空戦争時代から生きている
身長142cm
趣味城下町の散策、読書、ノイシュをからかうこと。
好き突き抜けたバカ、覚悟を持つ者、新しい知識。
苦手愚か者、裏切り、退屈
CV小島幸子


イベント「英雄再起」で初登場。
ヘルエスセルエル、そしてノイシュの故郷であるアルスター島アイルスト王国のかつての城、現在の会議所で、ヘルエスとセルエルのロイヤル姉弟に世話になっている。
その正体は、かつてノイシュが討伐したはずの真龍と呼ばれる存在、「ディアドラ」である。

真龍ディアドラ

ディアドラは覇空戦争の折にアイルスト王国と契約して、その力でもって周囲の魔物の抑止力となって国を守るようになっていた。
しかし長い時の中で契約は忘れられ、ヘルエスとセルエルの父である先王コノールが契約を知らずにノイシュに討伐を命じ、ディアドラが倒れたために魔物の暴走を止める者はいなくなり、アイルスト王国の崩壊を招いた。

ノイシュはディアドラが消滅したと思っていたが、実は核は生きており、ヘルエスによって保護されていた。

英雄再起での活躍

荒れ果てたアイルスト王国がかつてのような栄華を取り戻すためには、まず復興を大いに邪魔する魔物を追い払う必要がある。
人の力で魔物全てを討伐するのは不可能に近いため、ヘルエスとセルエルはディアドラ本来の力を取り戻させる儀式を行おうとしていた。
そこへ、国を滅ぼした贖罪の旅に出ていたノイシュが帰還する。
ロイヤル姉弟が準備を進める一方、会議所で暇を持て余していたディアドラは、彼女に対する負い目から断ることの出来ないノイシュを半ば脅して街へ繰り出す。
ディアドラの名で呼ばれるのは不都合があるため、ノイシュに偽名を付けるように命令し、「スカーサハ」の名を得、以降はゲーム中でもこの名義となる。
スカーサハは街の中で人々の営みを見ていくうちにロイヤル姉弟とノイシュ、そして国民が守りたいものを知ることになる。

最終的にはディアドラとしての力を取り戻し、魔物に対する抑止力となって、アイルスト復興への足がかりとなった。
なお、ルリアノートにおいて「人の姿に化ける魔法など児戯」と言っており、更にスカーサハ加入時のフェイトエピソードより、ディアドラに戻った後も度々スカーサハになって街へ繰り出している。しかし、国が平和になった事とノイシュ達が出払ってしまった事でまたもや退屈してしまい、強引に主人公一行の仲間に加わる。
ちなみに国に残っているディアドラの肉体は、ノイシュの母であるエルバハが世話をしている。

最終上限解放エピソードでは、国民とディアドラの契約を忘れないための祭りを開催する事になり、同時にディアドラによって人との共存を望む魔物達との親睦を図ることとなるのだが・・・・・

外見

銀髪のエルーン族の少女で、子供エルーン特有の服の上から目深くフードを被り赤紫色のショールを羽織っている。エルーン族は長い耳があるためか、フードには耳を出すための穴が開いている。(最終上限ではフードを脱いでいる)
ディアドラとしての真の姿はふさふさの白い毛が生えた獣のような竜。
少女としての姿は、核を保護するための薄皮のようなものであり、この状態では見た目相応の力しかない。
元々竜であるディアドラが何故エルーン族の姿になるのかというと、ディアドラの核を保護する器をアイルスト王国旧王家でありエルーン族であるヘルエスが自身の魔力を使って錬成したためである。
アイルストにおける事件が終結し、ディアドラとしての力を取り戻した後もこのヘルエスの術で生み出された「『エルーン少女・スカーサハ』としての肉体」は彼女なりに有効活用しており、現状、「ディアドラが少女の体に変身して活動している」のではなく、『守護者として島に座しているディアドラが島の外で活動する際の端末』として使われている。
(電話に例えるなら『ディアドラとしての体』が『親電話機』、『スカーサハとしての体』が『コードレス子機』にあたり、どちらかの体で活動している場合、もう一方の体は眠りについているとのこと。)

夏イベント「ビリビリ☆エレクトリカルサマー」では水着姿をお披露目。
白いワンピースの上から短めのケープを付けている。
砂城作りに夢中になったりンナギに舌鼓を打ったりと、バカンスを楽しんでいる。

性格

一人称は「吾」。やや古風な口調。
可愛らしい外見とは裏腹に傲慢な性格で取り付く島もない。表情はフードで目元が暗いのも相まって常に険しい。
笑う時だけ、暗い目元が明るくなる。
好奇心旺盛で、元々竜なので人の生活を知らなかったため、ノイシュを引き連れてあれは何だこれは何だと聞いて回っていた。
サンドイッチなどの、露天などで手軽に買え、手軽に食べられる食べ物がお気に入り。(テキストでは分厚い丸いパンに焼いた肉を挟んだものとあるので、どちらかと言うとハンバーガーに近い?)

なお余談ではあるが、彼女のこうした嗜好もあってか、2018年4月の初頭から中旬にかけて行われたマクドナルドグラブルのコラボこと第二次「グランでグラブル」キャンペーンにおいては、ノイシュと一緒にマクドナルドを訪れ、買ってもらったハンバーガー(おそらくコラボの商品的にグラン系バーガー3種のどれか)に、目を輝かせていた。

同じ竜族であるためか、ビィを「同胞」と呼んでおり、ノイシュと打ち解ける以前からビィに対してだけは態度が柔らかかった。

ノイシュについては、自分ことディアドラを一度は討ち果たした存在であるものの、そこから逆に彼に興味を持ち、ヘルエスの術でスカーサハとして復活を果たして以降、ヒトの生きていく営みを知りたいという名目で街に繰り出す際は、自らの「お目付け役」としてよく一緒に行動している。
知らずとはいえ島の守り神的存在であったディアドラをやっつけてしまった事でノイシュには若干恐縮されてしまっていたが、街へのお出かけの際にスカーサハが「お忍びなんだし本名で呼ぶな」「接し方が仰々しすぎる、不自然だし面白くない」などと言いつけたことで、ノイシュとは「普通の女の子・スカーサハ」としてタメ口をききあうようになり、打ち解けあっている(上記の『マクドナルドへのお出かけ』の公式イラストにもそうした様子が現れている)。
なお、この言いつけに関しても、ヘルエスとセルエルは「スカーサハ」呼び以外は以前からのままで直してくれていない。

性能

バージョン奥義アビリティサポートアビリティ
SSRクロイスタバイル/(最終上限)リアタルマディアドラの加護/パワー・クエスト/ハート・オブ・ア・ドラゴン真龍の鉤爪/久遠の叡智

2017年5月に上記のイベント「英雄再起」が復刻した際にプレイヤブルキャラ化した。
種族はディアドラ本来の姿の「真龍」ではなく、イベントストーリー前にヘルエスが錬成した仮の器(エルーンの少女の姿)に由来する。
自身のHPを消費して戦える背水アタッカー。
2018年8月24日に最終上限解放された。

Shadowverse

同じCygames製作の対戦型デジタルカードゲーム『Shadowverse』では、グランブルーファンタジーをテーマにしたカードパック「蒼空の騎士」にて参戦した。

カード名護国真龍・スカーサハ
種類フォロワー
クラスドラゴン
レアリティゴールドレア
コスト5
進化前攻撃力:5 体力:5
能力ファンファーレ 覚醒 状態でないなら、このフォロワーに2ダメージを与え、自分のPP最大値を+1する。覚醒 状態なら、自分のリーダーは「次に受けるダメージを-2する」を持つ。
進化後攻撃力:7 体力:7
能力
CV小島幸子
収録セット蒼空の騎士 裁きの黙示
※ファンファーレ…手札からPPを支払って場に出たときに発動する能力。
※覚醒…自分のリーダーの最大PP7以上で発動する能力。

背水とバリアが再現されている。
5/5/5と一見凄まじいコストパフォーマンスだが、覚醒状態でない場合ファンファーレで自身に2ダメージを与えるため実質5/5/3のフォロワー。その後ドラゴンクラス最大の特徴であるPPブーストを行う。
覚醒状態だった場合は、2ダメージとPPブーストの代わりに自分のリーダーのダメージを一度だけ軽減できる効果をリーダーに付与する。回復と違いHPが満タンでも恩恵を受けれるのは嬉しい所。

余談

ディアドラや先王コノールの名前、舞台となるアルスター島など、命名の由来はケルト神話におけるデアドラの悲劇だと思われる。
元ネタによればノイシュとは恋仲。

関連イラスト

スカーサハ様
スカーサハさま


スカーサハ様
Scathacha Summer



関連項目

ロリババア ケモミミ 英雄再起
グランブルーファンタジーの登場人物一覧 エルーン
ノイシュ ヘルエス セルエル
エゼクレイン:彼が仲間に加わっていると、シャローム島に関する話が少しだけ登場する。

pixivに投稿された作品 pixivで「スカーサハ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3156329

コメント