ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

第1シーズンは2008年10月から2009年3月にかけてテレビ東京系列局と沖縄テレビフジテレビ系列局)にて、第2シーズン「いたずらエイリアンの大冒険」と第3シーズン「ずっと最高のトモダチ」は2009年10月から2011年3月にかけてテレビ朝日系列(24)局で放送された。

さらにCSテレビ局のディズニーチャンネルでも放送されており、2012年6月に追加エピソードの「スティッチと砂の惑星」が、2015年8月には事実上の最終エピソード「スティッチ!パーフェクト・メモリー」が、それぞれ放送されている。


リロが大人になり別れてから数年経った後の時系列(という設定)であり、日本琉球にある架空の島・イザヨイ島を舞台にした作品である。製作の経緯としてはウォルトディズニージャパンの代表取締役ポール・キャンドランドが沖縄県に1994年から4年間移住した経験から、2006年から沖縄県を題材にしたアニメ作品の構想を練っていたからである。


第1シーズンではほぼ全ての回で脚本と絵コンテを日本のスタッフ、演出や作画などの実制作を韓国の製作会社が担当した。なお、名義上のアニメーション制作はマッドハウスであった。

第2シーズンのアニメーション制作は第1シーズンに引き続いてマッドハウスが担当したが、第3シーズンではシンエイ動画に交代した。


本来は日本向けに作られた作品だったが、第1シーズンに関しては後にアジアアメリカでも放送されている。ただし、アメリカでは一部エピソードしか放送していない。


海外並び日本のスティッチファンからは不評などがあるが作品のテーマである『オハナは家族、家族はいつもそばにいる。何があっても』やキャラクターの設定などはちゃんと引き継いでおり、決して作品を裏切ってはいない。


第1シーズンと第2シーズンはイザヨイ島を舞台にスティッチが「ちたまの石」に願いをかなえるため、43のイイコトをするため努力する内容である。第1シーズンではイザヨイ島にいる妖怪と戦ってたが第2シーズンからはハムスターヴィールが送る試作品エイリアン(ジャンバ博士が作ったスティッチの従兄弟たち)と戦う。試作品エイリアンは上記のザ・シリーズにも登場したものもいれば今作が初登場のものもいる。

第3シーズンでは舞台を沖縄ニュータウンに変えスティッチのパワーチップを狙う女総統デリアと戦う。


主な登場キャラクター編集

スティッチ

上原ユウナ

ジャンバ博士

プリークリー

おばあ

キジムナー

ハムスターヴィール博士

デリア


放送局について編集

  • 琉球が舞台であったのだが、第1シーズンの放送を請け負ったのがテレビ東京とその系列局だったため、テレビ東京系列局が存在しなかった琉球では先述の通りフジテレビ系列局の沖縄テレビで放送してもらっていた。その沖縄テレビでは、本放送終了後には再放送も実施している。なお、本放送終了後は三重テレビ岐阜放送びわ湖放送奈良テレビテレビ和歌山に加え日本テレビ系列局約2局、TBS系列局・フジテレビ系列局各約1局ずつでも放送されている。
  • 琉球に系列局の琉球朝日放送を抱えているテレビ朝日に放映権が移ったのは良かったが、既にテレ朝でもアニメの扱いが悪くなり、テレビ朝日の特別番組偏重編成の煽りを受け、約半年分消化するのに9ヶ月も掛かってしまった。しかも『デジモンクロスウォーズ』1時間スペシャルのために枠を貸し出したこともあった。
  • テレ朝時代は当初はシーズン2のみの放送予定だったのが、製作プロやスタッフを交替したシーズン3として延長となる。ただし、第2シーズン「いたずらエイリアンの大冒険」は全29話、第3シーズン「ずっと最高のトモダチ」は全30話であるため、そういった編成を見越して話数を決めた可能性もある。また、逆に第2シーズン「いたずらエイリアンの大冒険」では2回、1時間スペシャルが組まれている。
  • プレスリリースでは「スティッチ・沖縄シリーズ」の文字があった、とする声もある。

関連項目編集

リロ・アンド・スティッチ:オリジナル版。その後プレストーリーであるということにされた。

ファイアボール:同じディズニーと日本の製作プロとのコラボで生まれたロボットアニメで、此方はフラッシュアニメである。記念すべき第一弾であった。

ロボディーズ:ディズニーと日本の製作プロとのコラボ第ニ弾。此方は東映アニメーション製作のフルCGロボットアニメだった。

関連記事

親記事

リロ・アンド・スティッチ りろあんどすてぃっち

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51172

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました