ピクシブ百科事典

スラオシャ

すらおしゃ

ゾロアスター教に登場する中級神霊『ヤザタ』の一人。 最高善神アフラ・マズダの耳とされ、危難にあえぐ人々の声を聞いてそれを伝えるという。 また死者の魂の裁判官でもある。
目次[非表示]

スラオシャとは、ゾロアスター教に登場する中級神霊(天使)の一人である。
綴りは【Sraosha

概要

 最高位の善霊アムシャ・スプンタの下位である中級神霊ヤザタ(ヤザド)の一柱。
 その名は『聞くこと』を意味し、「聴取」と「従順」を守護するという。

 その名が示す通り、地上で危難にあえぐ人間たちの声を聞き、それを主神アフラ・マズダーに伝える役割を持つ。また日没とも下界に降り立ち、憤怒暴力悪魔アエーシュマを相手に戦いを繰り広げるともされる。

 死者のが死後に必ず通るとされる「判決の」の三柱の裁定者の一柱であり、同時に三柱の神霊の中で唯一、死者の旅路を見守る守護者としての役割も負っている。ちなみに残り二柱はミスラアシであり、アシとスラオシャがミスラの補佐役である。

 地域支配の権限がイスラム教に移り、『シャー・ナーメ』などでイラン神話がイスラム教に合うよう改変される中、アラーの御使いの天使として生き残った数少ない存在である。ときにジブリールと同一視される。

ペルシャ語風の発音でソルーシュ、スルシュ(Surush)と呼ばれることが多く、ゾロアスター教徒だけでなくイラン・中央アジア系のムスリム男性の人名としても使われている。人名としてならバフマン(ウォフ・マナフ)も使用例がある。

女神転生シリーズにおけるスラオシャ

スラオシャ


シリーズでの初出はデビルサマナー
ペルソナ4ストレンジジャーニーにも登場するがデザインはそのまま。
種族は「大天使」であるものの、アブラハムの宗教系の天使とはかなり異なるテイストとなっている。
ペルソナシリーズ内でのアルカナ正義に該当する。

デビサマにはアムシャ・スプンタの一柱アールマティも同じ種族で登場するものの、理由は不明だがスラオシャのほうがレベルが高い。

関連タグ

ゾロアスター教
天使 神霊
守護者 裁判官 閻魔
ジブリール
真・女神転生 ペルソナ
堂島菜々子ペルソナ4に登場するスラオシャの合体解禁に関係する女の子。

pixivに投稿された作品 pixivで「スラオシャ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3096

コメント