ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スーパーリアル麻雀PⅣ

すーぱーりあるまーじゃんぴーふぉー

『スーパーリアル麻雀PⅣ』とは旧(株)セタが開発・販売した業務用脱衣麻雀ゲームシリーズの第4作目のことである。
目次 [非表示]

解説

旧(株)セタが開発・販売した業務用脱衣麻雀ゲームシリーズの第4作目。登場ヒロインは前作から一人増えて三人になっている。

通常『脱衣麻雀』は『対戦相手である女の子をパンツだけ状態になるまで脱がせば勝利』なのだが、本作では『そこから更に一回アガらないと、勝利にはならない』という特徴があるが、そこからの脱衣シーンは共通して『パンツを脱ごうとするも、途中で邪魔が入ってお目当ての物が見れない』というオチになっており、次回作でもこの要素を含んでいる。

また、セガサターン版以降ではなくなっている要素だが、ラスボスである香織に勝利した後はクリア特典としてボーナスステージに突入し、『スーパーリアル麻雀PⅡ』よりショウ子、『スーパーリアル麻雀PⅢ』より香澄未来との対局ができる。

しかしどの対局でも一発勝負で、相手にアガられるとその時点で終了(しかもコンティニューによる再挑戦はできない)とかなり厳しいが、こちらがアガって勝てればそれぞれのキャラ達の描き下ろし脱衣グラフィックを拝むことができる。


あらすじ

香織そして愛菜三姉妹祖父の経営する雀荘の手伝いをしていた。

だが、三姉妹にも学校や友達付き合いといった事情もあるので、雀荘のアルバイトを募集することになった。

そしてある日、雀荘のバイト募集を知った主人公(プレイヤー)はその雀荘へと向かい、面接を受けることになる。

だが、主人公に三姉妹の出したバイトの採用条件……それは『三姉妹全員に麻雀で勝つこと』だったのだ。


家庭用

脱衣麻雀という性格上家庭用ゲーム機の事情では困難とされていたが、セガセガサターンでは当時レイティングとして「X指定(18歳未満禁止)」が存在した為、

1995年11月24日にセガサターン版ソフトとして『スーパーリアル麻雀PⅡ』、『スーパーリアル麻雀PⅢ』、そして本作を収録した『スーパーリアル麻雀グラフィティ』がリリースされた。


そしてそこから25年の時が流れ2020年4月23日、『スーパーリアル麻雀 LOVE♥2~7!(らぶに~な)』が販売され、その中に『スーパーリアル麻雀グラフィティ』が収録されたことで、『PⅡ』、『PⅢ』と全く同じタイミングでNintendoSwitch版として、家でも脱衣麻雀が楽しめるようになった(当然、スイッチ版作品としての先輩及び『スーパーリアル麻雀 LOVE♥2~7!(らぶに~な)』の収録作品である『スーパーリアル麻雀PⅤ』から『スーパーリアル麻雀P7)までの3作品と同じく「謎の光線」での隠しがあるため、アーケード版やセガサターン版とは違い、アレが見れないという規制がされているので、注意)。


そこから時が流れ、2020年12月25日に発売された『スーパーリアル麻雀 LOVE 2~7! for PC』ではアーケード版と同じくアレがちゃんと見れるようになっているので、スイッチ版をまだ購入していない人や、ちゃんとしたヒロインのヌードが見たい人、そしてNintendo Switchを持ってない人は、こちらの作品を購入しよう。


本作で対局できる三姉妹のヒロイン達

詳細は各個別の記事を参照

最初に対局する三女。二人の姉に懐いている。(メイン画像の左にいるポニーテールの娘)


二番手で対局する次女男勝り強気系(メイン画像の右にいる青髪の娘)


最後に対局する長女。アダルト雰囲気の女性(メイン画像の中央にいるイヤリングをした女性)


関連タグ

スーパーリアル麻雀 脱衣麻雀


スーパーリアル麻雀シリーズの系譜

スーパーリアル麻雀PⅢスーパーリアル麻雀PⅣスーパーリアル麻雀PⅤ


外部リンク

関連記事

親記事

スーパーリアル麻雀 すーぱーりあるまーじゃん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35953

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました