ピクシブ百科事典

スーパーリアル麻雀P7

すーぱーりあるまーじゃんぴーせぶん

『スーパーリアル麻雀P7』とは旧(株)セタが開発・販売した業務用脱衣麻雀ゲームシリーズの第7作目のことである。
目次[非表示]

解説

旧(株)セタが開発・販売した業務用脱衣麻雀ゲームシリーズの第7作目。

登場ヒロインは前作と同じく全部で四人。
今までのスーパーリアル麻雀の作品ではクリアまでに対局するキャラクター順番は固定されており、各作品にはラスボスに相当するヒロインがいたのだが、本作では『最初にストーリーを選ぶことで、それに対応したキャラクターメインヒロインとなり、そのメインヒロインはストーリー上は最初に登場するものの、対局相手としては最後になる』という形式になっている。また『ストーリーに合わせて主人公(プレイヤー)の設定も変化する』という特徴もあり各ストーリーでの主人公の設定は以下のようになっている。

ちなみにどのルートでも『ヒロインに招待される形で、麻比奈家の別荘に呼ばれる』というあらすじになるのは共通である。

また、メインヒロインとなったキャラクターには『メインヒロインではない時と比べ、クリアまでに必要な勝利回数が1つ多くなり、それに伴い自分のルートの時限定の脱衣シーンが2つある』という特徴もある。

豊原エツ子は本作における隠しヒロインのような立ち位置になっており、特定の条件(アーケード版では『選んだシナリオ内で対局する全ての対戦相手に対して満貫以上のでアガる』コシューマー版では『三つのシナリオを全てクリアする』)を満たした場合のみ対局できるようになる。

家庭用

スーパーリアル麻雀PVと同じくセガセガサターンでは当時のレイティングとして「X指定(18歳未満禁止)」が存在していたのでリリースが可能だったが、この頃には大人の事情により『作中の脱衣シーンは下着姿打ち止め』という規制が入ってしまっている(アーケード版では胸が見れた最後の脱衣シーンも描き直しがされている)メーカーのセタも申し訳ないと思ったのか、『ヒロイン達が水着姿等を披露する新規シーン』や『クイズ形式のミニゲーム』に『資料集』等が色々と収録された。

そして2019年6月13日、PⅤのようにP7も任天堂ニンテンドーSWITCHでが配信される事となり、発売前は「P7はセガサターン版準拠で、脱衣は下着姿で打ち止めなんじゃ……」と思うプレイヤーも多くいたが、全てのヒロインのシナリオをクリアする事で、オプション画面から設定を変更する事で『夜モード』という形でアーケード版がプレイできるという形でプレイヤー達を大いに安心させた。(当然、PⅤと同じく「謎の光線」での隠しがあるため、アレが見れないのは変わらない)

あらすじ

暑い暑い夏休み。今、ここ伊豆に、麻比奈家の2人姉妹がやって来ています。
別荘には、お目付け役として同行した家庭教師の芹香と、夏休みだけの家政婦のアルバイトに来ているエツ子も滞在しているようです。
そして、あなたはこの別荘にやってきました!
誰に呼ばれて? 百合奈? 夏姫? それとも芹香? 「スーパーリアル麻雀P7」は、女の子の数だけストーリーがあります。ストーリーの分だけ、主役であるあなたも存在するのです。突如現れたあなたの実力を試すため、自分の想いを伝えるため、様々な理由で女の子たちはあなたに麻雀勝負を挑んできます。果たして、ひと夏の思い出を作れるかどうかは、あなたの腕次第なのです!
(以上、スイッチ版の公式サイトのストーリーより抜粋)

ゲームで対戦できる女の子たち 

詳細は各個別の記事を参照


関連項目

スーパーリアル麻雀 脱衣麻雀

関連記事

親記事

スーパーリアル麻雀 すーぱーりあるまーじゃん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーリアル麻雀P7」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13219

コメント