ピクシブ百科事典

スーパーリアル麻雀

すーぱーりあるまーじゃん

「スーパーリアル麻雀」とは、セタよりリリースされたアーケード麻雀ゲームのシリーズ作品である。
目次[非表示]

概要

いわゆる脱衣麻雀ゲームで、商業用脱衣麻雀ゲームとしては現在でもトップクラスの知名度を誇っている。
田中良氏デザインのキャラクターとボイス付きのアニメーションは大変クオリティーが高く、人気を博した。
ヒロインの容姿のレベルも高いが麻雀のレベル(難易度)も高く、
コンティニューを繰り返して基盤が買える位貢いじゃった変態という名の紳士も数多くいた(?)。

1作目は18禁要素は全くないただのリアル志向麻雀で、「スーパーリアル」という題名はここに由来する。
PⅡ』から脱衣要素が導入され、現在でも「スーパーリアル麻雀」と言えば基本的に『PⅡ』以降を指す。
麻雀ゲームとしては全8作稼働されたが、アーケード版の最終作『VS』は今までのヒロインが再登場する番外編の要素が強く、ナンバリングには入っていない。
ちなみに脱衣麻雀としては『VS』より後に製作・販売されたネオジオポケットカラー版のゲームであるスーパーリアル麻雀プレミアムコレクションが最終作である。
ちなみにスーパーリアル麻雀プレミアムコレクションは当時の携帯ゲーム機で唯一の下着姿からの先が拝める脱衣ゲーム』という事で当時は話題になった作品である。(といっても脱衣シーンの内容は新規というわけではなく、ヒロのデビュー作及び『VS』のリメイクである)

現在はモバイルゲームなどで展開が続いているが、もちろん脱衣などの18禁要素はない。
また、『P7』は2009年3月にアルゼよりパチスロ化された。

脱衣麻雀ということで、pixivのイラストは大半がR-18であるので注意。

まさかの復刻

ニンテンドースイッチで「PⅤ」が復刻される事となりCERO的に脱衣はどうなるのかで話題となったが、サターン版準拠としつつも脱衣要素がある事が判明。CERO:Dに区分された。
では、肝心の最後まで脱がすとどうなるのかと言えば、謎の光が上手く隠す事でCERO対策を施している…が、実は上手く隠しきれていなかった不十分な部分があった為に任天堂CEROから指摘を受け、一度配信停止して修正した上で配信を再開した。続いて「PⅥ」「P7」も同様の処置で復刻されている。

また2020年4月23日には『スーパーリアル麻雀グラフィティ(PⅡPⅢPⅣをまとめたもの)』と、PⅤ、PⅥ、そしてP7の4作品を一つにまとめたスイッチ版のゲームソフトである『スーパーリアル麻雀LOVE♥2~7!(らぶに~な)』が発売された。

そして時が流れ、PC版となった『スーパーリアル麻雀LOVE♥2~7!(らぶに~な)』こと『スーパーリアル麻雀 LOVE 2~7! for PC』が2020年12月25日に発売予定であることが発表された。こちらではスイッチ版の時にあった謎の光による隠しがなくなって、アーケード版と同じくアレがちゃんと見れるようになっているので、スイッチ版をまだ購入していない人や、ちゃんとしたヒロインのヌードが見たい人、そしてスイッチを持ってない人は、発売まで我慢してこちらの作品を購入しよう。

登場ヒロイン


関連イラスト

スーパーリアル麻雀


PⅡ

ロンよりショウ子♪


PⅢ

センシティブな作品
未来(みき)〜スーパーリアル麻雀P3


PⅣ

スーパーリアル麻雀PⅣ 集合


PⅤ

スーパーリアル麻雀PⅤ プチ


PⅥ

センシティブな作品


P7

センシティブな作品
麻比奈夏姫 ハッピーバースデー
蘭堂芹香 ハッピーバースデー
センシティブな作品


モバイル版

梢ひな子 スク水



関連タグ

麻雀 脱衣麻雀 おっぱい R-18 CERO:D

関連記事

親記事

セタ せた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーリアル麻雀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11497905

コメント