ピクシブ百科事典

ファイナルロマンス

ふぁいなるろまんす

ビデオシステムから発売された脱衣麻雀シリーズ。正式名称は「アイドル麻雀ファイナルロマンス」。
目次[非表示]

概要

ゲーム会社の一つである『ビデオシステム』によって製作された脱衣麻雀シリーズで、90年代の頃にスーパーリアル麻雀シリーズと同じくゲームセンターで稼働していた。
無印に相当する1ではタイトルに含まれる『アイドル』の文字通り実写風のグラフィックで描かれた当時のアイドルそっくりさん脱衣していたが、続編の2からは大人の事情(厳密にはそっくりさんの元ネタとなった実在するアイドル達の肖像権等の法律の厳格化が主な理由)でアニメ風のグラフィックに変更された。

ゲーム中でのルール等

対局のルール

  1. プレイヤーがアガると対戦相手となるキャラクターの脱衣シーンが見れ、三回アガって裸パンツ姿にすれば勝利だが、高い役をアガって相手の点を0以下(ハコテン)にするとその時点で勝利となり、一気に裸パンツになるまで脱衣シーンが見れる。
  2. 逆にこちらの点が0以下(ハコテン)になって負けてもコンティニューして同じキャラから再開できるが、服は全て着ている状態からのスタートとなる。


独自の要素

ゲーム中ではプレイヤーの助けとなる効果を持ったアイテムを使用する事ができるため、本シリーズはいわゆる『イカサマ麻雀』に分類される。

  • そのアイテムは対局前にショップで購入し、その資金は対局でアガった点数に比例して獲得していく。
    • 獲得する資金のレートは『100点につき100G』だが、こちらがアガって相手から奪った点のみが反映されるため、リーチした時のリーチ棒の分(の1000点)は反映されない。

ゲーム中で使用できるお助けアイテムの一例

  • 配牌の中から要らない牌をランダムで別の牌に交換する
  • 相手の配牌を覗き見る
  • 流局時に聴牌(あと一枚でアガリ)の場合、ランダムで海底撈月としてアガれる
  • 相手のアガリを無効にする
  • リーチすると確実にアタリ牌が来る(一発が必ず成立する)
  • 積み込みで配牌が高い役(役牌混一色役満のいずれか)に繋がるような内容になる


シリーズ一覧

  • アイドル麻雀ファイナルロマンス
    • いわゆる無印に相当する作品。シリーズで唯一この作品だけグラフィックが実写風だったが、前述の通り大人の事情で次回作からはアニメ風のグラフィックとなった。余談だが対戦相手となる女性キャラクター達だけでなくアイテムショップの店員も某お笑いコンビのそっくりさんである。
  • 対戦アイドル麻雀ファイナルロマンス2
    • シリーズ2作目でこの作品からタイトルに『対戦』が加わり格ゲーのように対人戦ができるようになった。前作の実写風からアニメ風にグラフィックが一新されたことでファンも増えたようで、特にメイン画像にも使われている布川ミクは最も人気があり、現在でも二次創作が作られている。
  • 対戦アイドル麻雀ファイナルロマンスR
    • シリーズ3作目なのだがタイトルが『ファイナルロマンス3』ではなく『ファイナルロマンスR』になっているという不思議な事になっている。本作では前作より布川ミクがアイテムショップの店員としてゲスト出演している(原画も同じ人)
  • 対戦アイドル麻雀ファイナルロマンス4
    • シリーズ4作目にして最終作。本作でキャラクターデザインを務めるのはあかつきごもく氏となっており作風が大幅に変わっている。プレイヤーは『ミスファイナルロマンス』の審査員兼その候補者をスカウトする役目を担っており、その名目で作中のキャラクター達と脱衣麻雀を行っていく。


登場キャラクター一覧

詳細は個別記事を参照。


作中での原画(キャラクターデザイン)を担当した人達


すぎやま現象(GENSHO)


よろず壱

  • ファイナルロマンス2では以下のキャラクター達を担当

アイテムショップの店員のバニーガール、伊藤えみり槙原博美池谷まりの須藤有紀

あかつきごもく

  • ファイナルロマンス4では作中のキャラクター達を全員担当


関連タグ

麻雀 脱衣麻雀 おっぱい
スーパーリアル麻雀:『ファイナルロマンスシリーズ』と同じく90年代にゲームセンターで稼働していた脱衣麻雀シリーズの一つ。しかも『無印は何らかの理由でシリーズから外されている』『シリーズ最終作セガサターン版では脱衣シーンに規制がかかっている』等の共通点もある。

関連記事

親記事

脱衣麻雀 だついまーじゃん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイナルロマンス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 461484

コメント