ピクシブ百科事典

タナトスの器

たなとすのうつわ

『劇場版 仮面ライダーウィザード インマジックランド』に登場する巨大装置にしてみんなのトラウマ。

概要

エメラルド城の地下に隠されていた巨大魔力蓄積装置。

その実態は仮面ライダーソーサラーことオーマ大臣が『トルネード』の魔法で発生させた色の竜巻拉致した人々の人骨を素材として作られたギリシア神話に登場する死神タナトスの名を冠するにふさわしい魔性の装置で、『魔力流通システム』によって国民から集められた魔力はこの装置に蓄積されている。

また、この装置に取り付けられた『魔力逆流レバー』を動かすことにより装置に蓄積された膨大な魔力を解放させて魔力を人々の体に逆流させて流し込みそのショックで人々を皆殺しに出来るという恐るべき機能が備わっている。

生まれながらにして魔力を持っていなかったマヤ大王は、その苦しみと孤独感から解き放たれるためにこの装置を使ってマジックランドの住人を全て消し去ろうという狂気に取りつかれ、オーマ大臣の協力の下この装置を制作させていた。

その為、この装置自体が秘匿中の秘匿扱いとなっており、その存在はマジックランドの王・マヤ大王とオーマ大臣のみしか知らない。

しかし考えようによっては魔法が当たり前の世界でこんな装置を発動させれば生き残るのはマヤ大王のみという可能性か高い事。そして自身が命を失うことも顧みずにこんな物騒なの製作に協力的なオーマ大臣の態度からはなにやら胡散臭いものを感じられるが…?

以下ネタバレ

















実は上記の魔法使いを消滅させることが出来るという効果は真っ赤なウソであり、その真価は魔力を持つものをゲートが絶望した時と同様の現象(=ファントム誕生の前兆)を発生させる装置。

要はファントムを大量に生みだす製造機であり、実はファントム・ドレイクであったオーマ大臣がマヤを利用し自身がファントムを総べるとして世界に君臨する為に制作させた恐るべき装置であった。

関連項目

inマジックランド 死神 タナトス 仮面ライダーソーサラー オーマ大臣(ドレイク) みんなのトラウマ

コメント