ピクシブ百科事典

チンダル現象

ちんだるげんしょう

微小な粒子が分散している場に光を通したとき、光が散乱して、光の通路がその斜めや横からでも光って見える現象。
目次[非表示]

概要

チンダル現象: Tyndall effect, Tyndall scattering)は、の特性によって起こる物理化学現象の一つ。
肉眼や普通の顕微鏡では見えないが、普通の原子分子よりも大きい粒子液体固体気体の中に分散している状態に光を当てたとき、その微小な粒子によって光が散乱され、光の通路が一様に光って見える現象。

19世紀イギリス物理学者ジョン・ティンダルによって発見されたため、この名がついた。

薄明光線天使の梯子)はこのチンダル現象の一種と考えられている。。

ヴィンデールの森妄想図
鎮守の森で、



表記揺れ

ティンダル現象

関連タグ

 粒子 物理化学
薄明光線 / 天使の梯子 / 天使の階段 / ヤコブの梯子 / レンブラント光線
光芒 光柱
/ 森の中  / 天窓 教会 廃墟
日光 / 陽光 / 日の光 / 陽の光  
木漏れ日 / 木洩れ日

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「チンダル現象」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 550583

コメント