ピクシブ百科事典

デスピニス

ですぴにす

ゲーム『スーパーロボット大戦R』の登場人物。『スーパーロボット大戦OG』シリーズにも登場。

CV:石川恵

概要

デュミナスが配下として創り出したホムンクルステクニティ・パイデス」の1人。
テクニティ・パイデスは子供の姿をしているが、普通の人間を凌駕する戦闘能力を持っており、『スーパーロボット大戦R』では普通の人間を越える戦闘能力を持つドモン・カッシュ達シャッフル同盟ですらも苦戦させた。東方不敗によると子供の姿をしているのも相手に攻撃をためらわせるような言動もデュミナスの計算だという。実際に『スーパーロボット大戦OG外伝』でもデュミナス自身がそれを匂わせる発言をしている。
搭乗機はエレオス。

彼女自身はおとなしく物静かな引っ込み思案な性格で、おどおどした口調で話す。
『R』ではネオ・ジオン木連の裏で暗躍し、創造主であるデュミナス同様「認められず拒絶された者の憎しみと哀しみ」を抱くフロスト兄弟には最後まで協力的だった。
その一方、ゲッターロボが恐竜帝国との決戦で自爆したことで一時地球を覆ったゲッター線によって大量に復活したデビルガンダムを集めた上、ランタオ島で東方不敗の死体にDG細胞を植え付けデビルガンダムの生体ユニットとして復活させるなど、デュミナスの手駒として行動している際には非人道的な行いもためらわない。
生まれ変わった時の要望をデュミナスに聞かれた時は「元気な心と体」と答えている。
最終決戦ではデュミナスを復活させる際に全てを使い果たし、ティスラリアー同様抜け殻となった状態でプレイヤー部隊と戦い、撃破されて死亡する。

『OG外伝』ではデュミナスの命令でラミア・ラヴレスをODEシステムのコアに組み込んだり、エクサランスの時流エンジンを狙いクロガネを追うなど暗躍する。
しかし、デュミナスやティスの卑劣な言動と命令には批判的な態度をとっていたようで、デュミナスに逆らうことを自覚しながらも、洗脳されたショウコ・アズマを気遣ったり、コウタ・アズマにダークエミィの正体がショウコであることを教えるなど、心優しい一面を見せることが多かった。
ソーディアンでの決戦時は、彼女はラージ・モントーヤミズホ・サイキの監視を命じられティス・ラリアーとは別行動だったこともありデュミナスに取り込まれることはなかった。
デュミナスが敗れた後、ダークブレインが出現しデュミナスを廃棄処分した際に自分も処分されそうになるが、ラウルとコウタに助けられる。
デュミナスが消滅してしまったため自分に生きる意味が無くなり死のうとしたが、ミズホに説得され自分の意志を持つようになり、遂にはダークブレインに反発、自分自身の為に生きることを決意した。

動乱後、ラウル達と一緒にL&Eコーポレーションを立ち上げた。
ちなみに彼女の役職は「社長秘書」で、名義もデスピニス・グレーデンとなっている。
第2次スーパーロボット大戦OG』では、エクサランス・レスキューのクルーの1人として登場している。

…ティスとラリアーがあまりにも不憫である…(ただしラリアーの中の人は別役で続投しているが、別の意味で強烈な印象を残した)。

関連タグ

スーパーロボット大戦 バンプレストオリジナル
スーパーロボット大戦R スーパーロボット大戦OGs スーパーロボット大戦OG外伝 第2次スーパーロボット大戦OG
テクニティ・パイデス
デュミナス ティス ラリアー
ラウル・グレーデン フィオナ・グレーデン ラージ・モントーヤ ミズホ・サイキ

pixivに投稿された作品 pixivで「デスピニス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94387

コメント