ピクシブ百科事典

トイサイダー村

といさいだーむら

トイサイダー村とは、音楽ゲーム『pop'n music』に存在する村。
目次[非表示]

トイサイダー村とは、音楽ゲーム『pop'n music』に存在する村。
いわゆる廃人隔離施設、魔境である。

概要

『Sunny Park』におけるLv49の譜面の数々を薙ぎ倒した後、その道が開かれんとされる伝説の村。
そこに存在するのは現最高難易度であるLv50のEX譜面を持つ楽曲群である。

ジャンル名曲名アーティスト担当キャラ初出
トイコンテンポラリーシュレーディンガーの猫Cait Sithテントカント16 PARTY♪
サイレント音楽弁士カンタビレオサイレントルーム17 THE MOVIE
ダージュピアノ協奏曲第1番”蠍火”virkatoサイレントルーム20 fantasia(IIDX REDから移植)
ムラクモ少年は空を辿るPower Of NatureMZD20 fantasia
エンジェリオン生命の環を紡いでhan@*moriフローラ(フレーム)SunnyPark
L-an!maMaster of LapisMZD(ラピス)ラピストリア
НУМЛZuttエクラうさぎと猫と少年の夢
Chaos:Qnonuplet?うさぎと猫と少年の夢

  • 「Cait Sith」=TOMOSUKE、「弁士カンタビレオ」・「virkato」=wac、「Power Of Nature」=PON、「han@*mori」=m@sumi & PON、「Master of Lapis」=PON & wac & TAG、「Zutt」=PON & wac
  • キャラの括弧内は同キャラ戦時変化キャラ。フローラを使用してエンジェリオンをプレーした時のみ相手キャラがフレームに、MZD(ラピス1P)を使用してL-an!maをプレーした時のみ相手キャラがラピスになる。

現在エンジェリオンを除いた楽曲のジャンル名の頭文字を取って通称「トイサイダー村」と呼ばれている。(L-an!ma、НУМЛ、Chaos:Qに関してはジャンル名無し)
なお、この村の住人は皆総じてゴリラである。

歴史

元々は、『pop'n music 16 PARTY♪』において隠し曲「トイコンテンポラリー / シュレーディンガーの猫」が登場した際、EX譜面がアーケード版初出曲としては初のLv43となったのが始まり。かつてのポップンシリーズでは最高難易度が43であり、それ以前のシリーズで登場した43の曲は全て家庭用出身曲だった。その中ではあまりの酷さにアーケードですると筐体を壊しかねないため移植されないものも存在している。

なぜ「43」というこんな中途半端な最高数値になったのかというと、『pop'n music 7』にてそれまでのレベル表記を整理し直して一応の40段階に整理した際、その範疇を超える人外レベルを「41」に設定(デスレゲエEX・クラシック4H)、次作『8』にてさらにそれを超える「42」が登場(トラウマパンクEX)、そして家庭用『7』&アーケード『9』で初の「43」が登場(クラシック7EX、ただしすぐ降格)したため。以降、家庭用ではスクリーンEX(42から昇格)、クラシック8EX(AC未収録)、クラシック9EX、カウボーイEX(AC未収録版譜面)、もうしまEX(AC未収録)といったLv43がどんどん増え続けたが、アーケードでは上記のトイコンが出るまで最高42止まりであり、当時の43は家庭用だから許されるネタ譜面のような扱いになっていた。

しかし、トイコンテンポラリーがARCADEでLv43として登場し、通称「わけのわからないもの」と呼ばれる発狂部分の名と共に事実上のラスボスとしてその名を知らしめ、次作『17 THE MOVIE』が稼働。

前作の衝撃の後に登場した『17 THE MOVIE』の隠し曲「サイレント / 音楽」は、EX譜面がトイコンより一つ下のLv42でありながらも、前作のトイコンEXを撃破した人ですら撃沈されるという有様で解禁直後からレベル詐称の声が絶えず、「どうしようもないもの」という通称が与えられる事になった。
また、同じく隠し曲であった「メタリックオペラ / Geiselhaus」のEX譜面もLv42で登場し、サイレントEXの理不尽さには大きく及ばないがやはりLv42としては難易度が高かった。
以下は当時メタリックオペラに寄せたwac氏のコメントである。
「レベル42」ってなんなんですかね。なんでポップンは「レベル42」という数字を大事にしてたんですかね。
EXでテンポチェンジがされなかったのは
PONくんが無意識に大切にした、レベル42の美学、ってやつなのかもしれません。
ちなみに「レベル43」は美学の先にある、哲学の世界です。

しかし、続く『18 せんごく列伝』において大幅なレベル改定がなされ、サイレントを含む元42の楽曲の一部がLv43へ昇格。そして『19 TUNE STREET』ではメタリックオペラまでLv43へ昇格。42の美学とはいったいなんだったのだろうか……。

ちなみにサイレントがこうなってしまったのはどうやら事故らしい。
(wac氏によるコメント - pop'n music 17 THE MOVIE公式サイト / 17稼働初期のQ&Aより
難易度には個人差がありますけども、前作のCait Sithさんの言葉を借りるならば
「相対的にトイコンテンポラリーのわけがわかった」、といえるほどの事態にはたぶんならないので安心してね!
と当時は思ってたんですけども実際のところはどうなんでしょうか僕にはもはやよくわかりません。
よくわからないので、とりあえず謝っておきます。すみません。


以降、アーケード版では長い間トイコンとサイレントの2強時代が続き、この2曲を合わせて「トイサイ」または「トイレント」などと呼ばれていた。


そして時を経て『20 fantasia』が稼働し、Dormir & wac 1stAlbum発売記念イベント隠し曲として『beatmaniaIIDX11 IIDXRED』からの移植曲「ダージュ / 蠍火」がEX譜面Lv43で登場。IIDXでもボス曲であったが、今作では本家IIDXのSP Anotherを超えるノーツ数にされ、発狂部分が本家DPAベースのため本家SPAの倍近い密度にされてしまった(IIDX-SPA:1414<POP'N-EX:1515<IIDX-DPA:1730)。当然ながらポップンでも最強クラスの位置に。「美しく、儚く散りな。
さらに同作の解禁イベント終盤の隠し曲として「ムラクモ / 少年は空を辿る」が同じくLv43で登場。BPM140でありながらも大量のノーツによる辛ゲージや複雑な変拍子などでプレイヤーを苦しめ、曲名になぞらえて「少年は空ゲージを辿る」などと呼ばれた。

そしてこのダージュ・ムラクモ登場後は、この4曲がポップンにおけるレベル43の中でもとりわけ難しい四天王扱いとなり、そのいかにも魔境っぽい素敵な響きから「トイサイダー村」という呼称がすぐに定着することになった。
(ただし上級者の間ではこの4曲の中にも格差があり、見解としてはサイダー>トイムラであるようだ。)

そして21作目SunnyParkではレベルが50段階表記になり、ほとんどの旧43は49に、その4曲は人外を超える最高レベルの50に迫害された。

、稼働してから早くも1年、多くのトイサイダー村攻略者が増えてきたと思ったころに大変なことが起こった。

2014年2月6日の「わいわいポップン動物園」で、過去に追加された楽曲をすべて解禁すると突如、黒い雲の上に上る。そこで99匹の動物を送ることで解禁される楽曲「インボルク」はボスの風格が漂う高難易度ではあるが、サニパ新曲では8曲目のレベル49だった(ちなみに「THANK YOU!!」という文字配置ができる)。問題はその次である。
次は白い雲の上に上ることになり、21匹の動物を送ると解禁ができる。その曲が「エンジェリオン / 生命の環を紡いで」である。
いかにも直前のボス風格のあるインボルクと対になる姿で、黒い雲が晴れて明るくなり、解禁時に明るいエンディングが流れるため、おそらく癒し系エンディングポジションであるだろう…と思われたが、その曲のEXレベルはなんと50であったのだ。
ちなみに同レベル曲では初めてとなる「担当キャラが女」というおまけつき。
解禁初日にパーフェクトを叩き出されてしまったが、それでもLv50の門番として立ち塞がっている。

そして時は経ち22作目『ラピストリア』が稼働。2015年7月9日に追加されたラピストリアのメインストーリーのクライマックスとなる「神のつくりしもの」の隠し曲として「L-an!ma」が登場。既にストーリー上のメインキャラとしてラピストリアの新衣装の「MZD」が登場していたため、新曲の担当キャラも当然ムラクモと同じくMZD……と思われたが、いざ解禁時になるとプレイヤーキャラ側が強制的にMZDになり、相手キャラが原初の「ラピス」(原石そのもの)となっていた。このため絵面のあまりのインパクトから、情報が出回った当初は「ラスボスが無機物」「石が新たに入村」等と話題になった。
しかし、実際のメイン担当キャラはやはり「MZD」であり、実はラピストリア版MZDの1Pを使用した時(楽曲解禁時は強制使用)に限り相手側が「ラピス」(石)に変化するという仕様であった。このため、解禁後に他のキャラを使ってプレーすると担当は「MZD」となる。なお、新衣装MZDは使用できるが、ラピス(石)の方は残念ながらラピストリア時点ではプレイヤー使用不可であった。MZDに倒された後改心したらしい。ちなみに次回作のエクラルではなんと「ラピス」(石)がプレイヤー使用可能になった。誕生日はラピストリア稼動日の6月25日である。絵面が非常にシュール。
譜面としては中盤でソフラン(BPM209→104→209)かつ総ノーツ1827とニエンテEXに次ぐ超物量譜面であり、ラピストリア新曲では唯一の辛ゲージ譜面となっている。また歴代Lv50では初めて日本語ではない曲名となった。
ちなみにこの曲を解禁する前座のパーツストーリーが「神のおとしもの」であったことから「神のおとしもの(物理)」等と揶揄されることも。

その後の23作目『éclale』では、PS2版pop'n music 11(CS11)から「カウボーイ / Blue River」が10年の時を超えて移植された。長らく家庭用限定だった未移植の旧Lv43のひとつ(残りはクラシック8EXともうしまEX)であり、CSではかなりの高難度譜面で当時から話題となっていた。そのカウボーイがついに長年の沈黙を破りアーケード上陸と聞き、新たなLv50として期待を膨らませるプレイヤーが多かった。案の定その譜面はLv50として登場し、新たなトイサイダー村住民として高難度の一角を背負うことになると思われていた。しかし…

譜面が変更され弱体化していた。
CS11の譜面に比べて、序盤と休憩後の左右振りが無しノーツ数約70位減少(1680→1607)と、かなり易化しており、例の高難度譜面の移植を期待していたプレイヤーにとってはガッカリするような内容だった。難易度に関しても現状のトイサイダー村の中では圧倒的に弱く、トイサイダー村の面汚しとも言われている。
(ただし元々のレベルである旧Lv43=現Lv49と考えると、49として見るならば充分の強さがある。弱体化された上でLv50を名乗ったことに問題があったと思われる。)
そして、3月22日のアップデートにて49に降格。ついにトイサイダー村から初の追放者が現れたのである。
この譜面変更について、配信前日のBEMANI生放送(仮)第111回では、
気になる譜面なんですが、実は、ちょこっとだけ変更されております。
変更せざる、を得ませんでした。理由は、察して下さい。
ヒントをちょっとだけ出すとしたら、物理的に色々と無理でした。
“アレがやりたかった”という方は、今こそレッツお願い公募だ!
との「wacからの伝言」が事前告知されていた。

『うさぎと猫と少年の夢』では稼働してわずか1週間という超速で「НУМЛ」が登場。担当キャラの名前も「エクラ」であるため、恐らく前作の『éclale』で収録する予定だったラスボス曲だと思われる。
過去の譜面通り辛ゲージ、二重階段、ソフラン、ラス殺しと最高難易度にふさわしい要素も兼ね備えている。
さらに同作の解禁イベント「ナビくんとオーパーツ巡りの旅」の終盤の隠し曲として「Chaos:Q」が同じくLv50として登場。担当キャラの「?」は単独キャラとしては「ニエンテ / neu」以来約10年ぶりの再登場。またLv50では史上初のロングポップン君搭載曲でもある。
これまでのLv50と比較すると明確な発狂と呼べる配置こそ少ないものの、暴力的な速度変化が猛威を振るうイロモノ譜面であり、また階段や縦連打が主体で稼ぎどころも少ない。辛ゲージやラス殺しもあり「サイレント」を差し置いて最難関曲に挙がることも少なくはない。

ここから先、このレベル50楽曲の総称はどうなるか不明である。

余談だが、2015/08/22にBEMANI SUMMER DIARY 2015にて「ムラクモ / 少年は空を辿る」がbeatmaniaIIDXに移植されたことにより、初期に「トイサイダー村」と呼ばれた4曲がbeatmaniaIIDXにも揃ったことになった。

『pop'n music éclale』の「ポップンスターメーカー」では、MZD・テントカント・サイレントルームの3人コンビネーションが「トイサイダー村」となっており、BEMANIスタッフも公認しているようだ。

pixivでは

これらトイサイダー村の担当キャラであるテントカント(トイコン)・サイレントルーム(サイレント/ダージュ)・MZD(ムラクモ/L-an!ma)をセットにして描かれることがある。
四天王なのに実質3人しかいないのは気にしてはいけない。

「バ…バカなぁアアアアアア」



だがサニパで紅一点のフローラ(エンジェリオン)が登場したためついにメンバーが4人になり、
今後は彼女が新たな四天王の一角を担うことになるのだろう。

四天王が揃いましたので



また、MZD使用時のみL-an!maで登場するラピス(石)も含める場合もある(~村のオブジェ)。

余談

コナミのWeb連動型音楽配信企画『ひなビタ♪』のキャラの一人である芽兎めう(めうめう)には「ドラムマニアやポップンミュージックといった音楽ゲームが大好きで、その腕前はトップランカー級」という設定があり、公式のfacebookでは「そのあとはポップンのトイサイダーむらのスコア詰めめうっ。」などという恐ろしい発言を行なっていた。きっとエンジェリオンも初日で撃墜したことだろう。

関連タグ

わけのわからないもの どうしようもないもの
テントカント silent_room MZD フローラ(ポップン) エクラ ?(ポップン)
(同キャラ戦時のみ) フレーム(ポップン) ラピス

pixivに投稿された作品 pixivで「トイサイダー村」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55924

コメント