ピクシブ百科事典

概要

アイヌ民族の伝承に登場する妖怪で、名前の意味は「湖の苔の心臓」である。

昔々、阿寒湖に棲むベカンベ(菱)たちが湖のカムイに仲間を増やしたいと相談したところ、「湖が見苦しくなり、アイヌが採りに来て騒がしくなるから駄目だ」と却下されたばかりか塘路湖へ追いだされてしまった。

理不尽であると怒ったベカンベたちが湖の中に、周囲の草をちぎって丸めたものを投げ入れたことで生まれたのがトラサンペで、アイヌは食料や生活用品にならないのに存在感だけはあるこの草を「湖の化け物」と呼んだ。

その後しばらくして、この地に訪れた和人に鞠のような藻「まりも」と呼ばれるようになり、さらに「恋マリモ伝説」で生まれたと創作され、天然記念物として崇められるようになったのは後の話である。

似たものに「湿地の苔の心臓」という意味の名を持つ、ニタッラサンペという妖怪がいる。

関連タグ

アイヌ神話 アイヌ民話 阿寒湖 まりも
ニタッラサンペ

関連記事

親記事

アイヌ神話 あいぬしんわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「トラサンペ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「トラサンペ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました