ピクシブ百科事典

トラフザー

とらふざー

『FAIRY TAIL』に登場するゼレフ書の悪魔(メイン画像奥の魚っぽい方ね)
目次[非表示]

概要

CV:てらそままさき

 『冥府の門九鬼門の一人であるゼレフ書の悪魔。通称晦冥のトラフザー
 赤褐色の皮膚で覆われた魚人型の悪魔で、九鬼門で最も高い防御力と、見た目に違わぬ水中戦の強さを有する。
 外見は非人間的であるがキョウカジャッカルのような鬼畜軍団とは異なり人を甚振ることにあまり興味はなく、任務遂行を何よりも大切にする硬派な性格。勿論人間の事は汚いくらいにしか思ってはいない。

 「喜び」発動後はテンペスターと共にエーテリアスフォームに変身し妖精の尻尾を迎え撃つも、レビィの協力を受けたガジル(メイン画像右)の鋼の力の前には及ばず撃破された。恐らくはそのまま死亡したものと思われる。

呪法

天地晦冥

 炭素系の猛毒を含んだ黒水を召喚し、周囲を水浸しにする。相手を押し流す・溺れさせるといった通常の魔法に加え、常人ならば浮いているだけで5分で息絶える程のも含まれているためタチが悪い。勿論これらの環境はトラフザーにとっては鬼に金棒であり、文字通り水を得た魚と化す。
 
 後にスプリガン12ブラッドマンも使用。

エーテリアスフォーム

 人間を一掴みにするほどの巨体に変貌を遂げ、全身はフジツボ型ので覆われる。ただでさえ硬い上に、この形態になると硬度を任意で上昇させることも可能で、ガジルの鉄拳(文字通りの意味)ですら逆に潰してしまうほど。
 余談だが、鉄は炭素を含みすぎると銑鉄になって余計にモロくなるので、ガジルは炭素をバカ食いしたわけではなく純鉄(炭素濃度0.0218%以下)と銑鉄(炭素濃度2.14%以上)の中間をうまく調合したものと思われる。

関連項目

FAIRYTAIL エーテリアス 半魚人 水陸両用 パワーファイター

コメント