ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

YMS-09D→MS-09D
プロトタイプドム2号機を基にして開発した熱帯・砂漠戦用機。熱帯戦用バックパックと近距離通信アンテナが特徴である。別名トロピカル・ドムまたは局地戦闘型ドム
アリゾナでのスカラベ部隊によるテストは良好に終わり、MS-09Dとして正式採用、おもに北アフリカ戦線のカラカル部隊に配備された。ボディカラーはサンディブラウン。
通常型のドムから改修されてプロトタイプドムに近い仕様に戻され、この追加生産された機体をベースとしてドム・キャノンが開発された。

バリエーション

ドム・ノーミーデス

ゲーム『機動戦士ガンダム バトルオペレーション Code Fairy』に登場する、ドム・トロピカルテストタイプを元にした大規模改修機。
ミア・ブリンクマン技術少尉主導で改修され、自ら搭乗する。

ノイジー・フェアリー隊が回収したヒルドルブの30サンチ砲の運用を目的としており、積載量や反動、機動性など運用するための諸問題を解決すべくギャロップのホバー推進機をベースにした大型ユニットを背部に接続。その設計思想やシルエットは同じジオンのライノサラスザメルと共通している。

ガンプラ

MSV展開当時に発売されたガンプラ(現在でいえば旧キット)が1/144及び1/100スケールで商品化されている。

関連項目

機動戦士ガンダム MSV
ドム プロトタイプドム 局地戦闘型ドム トロピカル・ドム
ドム・キャノン ドム試作実験機 グフ試作実験機

関連記事

親記事

プロトタイプドム ぷろとたいぷどむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ドム・トロピカルテストタイプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2126

コメント