ピクシブ百科事典

ノール

のーる

任天堂のゲーム「ファイアーエムブレム 聖魔の光石」の登場人物。
目次[非表示]

概要

ファイアーエムブレム聖魔の光石に登場するキャラクター。グラド帝国出身のシャーマンで、リオンとともに魔道研究を行っていた人物。
物静かな性格で、本作の事件の経緯から、世を儚み、自らの死すら進んで受け入れようとする。
(死に際の言葉は「この暗闇が… 私の安らぎです…」)
仲間に加わるのは、エイリーク編では15章2ターン目から、エフラム編では14章クリア後。

ゲーム内のヘルプ機能による説明は「グラド帝国宮廷魔道士の生き残り 魔石誕生の謎を知る唯一の人物」。ストーリー的には重要な役割…なのだが、エイリーク編では物語の根幹にかかわる事実は支援会話を除いて語ってくれなかったりする。

エイリーク編では、ストーリーに特別からむことはなく、単にエフラムが連れてきた仲間といった扱いをされる。
エフラム編では、グラド城制圧後、牢獄に捕えられていたところを発見されて仲間入りとなる。こちらのルートでは、仲間になる際に物語の根幹にかかわる重要な出来事を話し、双聖器「魔典グレイプニル」と「黒斧ガルム」をエフラムに託すという、エイリーク編での扱いが嘘のような重大な役回りになる。

ユニット性能

クラスはシャーマン→ドルイドもしくはサマナー。
ドルイドに昇格すると理魔法と杖、サマナーに昇格すると杖とスキル『召喚』が使えるようになる。

魔力と魔防が伸びやすく、技と速さはやや伸び悩む。魔法職にしてはHPも上がりやすいものの、守備と幸運は初期値も成長率も壊滅的で、物理耐久には期待できない。あくまで魔法受けが成り立つ程度に考えておいたほうがよい。
下級職で最も加入の遅いユニットであるため、本編だけだと育成機会に恵まれておらず、戦闘させるには不安が残る。昇格先は、自ら戦闘しなければならないドルイドよりも、亡霊戦士を向かわせられるサマナーにするほうが安全だろう。
本作の魔法職ユニットは海外版で性能が下方修正されていることが多いが、ノールは初期値が少し底上げされている。

属性は闇。支援相手はデュッセルルーテナターシャの3人。
役割の被らないデュッセルか、一軍起用されやすい他2人か、といったところ。サマナーに昇格するならば、ノール自身は安全圏から召喚するだけなので、支援がなくとも問題はないだろう。

なお、幸運0で登場するが、前作のとある一団と共通するパラメータ設定だったために、発売直後から盛大にネタにされた。

関連イラスト

ノール
いじめっこ


他作品

エミルクロニクルオンライン』や『越えざるは紅い花』などの作品に同名のキャラクターが登場するほか、pixivユーザーのオリジナルキャラクターも数件確認されている。

D&D』には、ハイエナに似た二足歩行モンスター種族 "Gnoll" というものもあり、初期の版ではノームトロールのハイブリッドとされていたが、後の設定改変で独立した種族となった。

関連タグ

ファイアーエムブレム 聖魔の光石

関連記事

親記事

聖魔の光石 せいまのこうせき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ノール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 191060

コメント