ピクシブ百科事典

ハンコシャドー

はんこしゃどー

ハンコシャドーとは、『烈車戦隊トッキュウジャー』に登場するシャドー怪人。
目次[非表示]

「そのまま闇を生み出し続けろ。やがて息をするのも面倒になって死ぬのだ。極上の闇を生み出しながらなぁ…」
「こっちは貴様らを、”殺る気”満々だ!」

CV:浜田賢二

プロフィール

登場回:第7駅「やるせなく、やる気なく」
主:ノア夫人
闇形式:ノハ805-7
闇装備:ハンコ系グローブ、焼きゴテ系ロッド
作戦運行:自信の能力で街の住人たち全てを「無気力」にして、「堕落」から心の闇を集める
闇駅名:無気力坂
心の闇:堕落の感情
シャドー怪人蘊蓄:判子は実は右手だけでなく、左手にもあるので要注意

概要

シャドーラインが繰り出した、人間の「やる気」を封じる判子系シャドー怪人。融けた朱肉の様な胴体に、判子を模した四肢をしている。
手にある「ハンコ系グローブ」の先端にある「×印」を人間に焼き付け、相手の気力を奪って脱力させてしまう。 この能力で、街の住人たち全てを「無気力」にして、「堕落」から心の闇を集めようとした。また、グローブが届かない間合いの外へは、専用武器「焼きゴテ系ロッド」から繰り出す「×印斬撃」で遠距離攻撃を仕掛ける。
作中描写を見るに、ノア夫人グリッタ嬢の美容のための闇集めに派遣させたようだ。

物語冒頭ではすでに闇駅を作り出しており、トッキュウジャーが駆け付けた時にはすでに多くの人間が犠牲になっていた。
戦闘ではクローズを粗方片づけられながらも、やる気ある1号を挑発してまんまと彼を堕落させ、次いで右手を抑えて油断していた2号にも左手を判子に変化させてやる気を奪った。3号が脚に切りかかった隙に彼女にも判子を押すことに成功するも、自身も左足を負傷したため撤退。

その後、とあるサラリーマンを堕落させて得た闇で負傷を治していた所に現れた4号5号を迎え撃つが、けん玉の球になりきって防御に徹する5号と、それをトンネルアックスと連結させて攻撃に徹する4号の「人間けん玉」に翻弄され、両手の判子を破壊されてしまう。
それによってライト達を含めた犠牲者たちが元に戻り、上質の闇を台無しにされたことに激昂するも、5号のイマジネーションで巨大な判子に変化した「レインボーラッシュ」の「必殺判子返し」に押し潰されて圧死した。

直後に闇暴走を起こして巨大化。
トッキュウオーにロッドで攻撃を仕掛けるが、トッキュウオーカーキャリアの遠距離攻撃に圧倒され、最後はイマジネーションカー手裏剣を喰らい爆散した。

関連タグ

烈車戦隊トッキュウジャー シャドーライン シャドー怪人
ハンコボーマ:同じく篠原保氏がデザインした判子モチーフの怪人。こちらも「人間を堕落させる作戦」を行う。こちらは象牙の判子と東洋風。
インシュラー:同じく篠原氏デザインの判子モチーフ怪人。

関連記事

親記事

シャドー怪人 しゃどーかいじん

兄弟記事

コメント