ピクシブ百科事典

パンダ(鉄拳)

てっけんのぱんだ

格闘ゲームシリーズ「鉄拳」のキャラクター。
目次[非表示]

概要

シャオユウ&パンダ


「3」から登場。凌暁雨(リン・シャオユウ)のペット兼ボディーガードとして共にデビューした雌のジャイアントパンダ。ジャイアントパンダとしては超大型の個体。シャオユウに振り回されたり、クマ2代目に惚れられてアプローチをされ続けるなど、損?な部分がある。

ヒグマであるクマを迷惑に思っていて何度もぶっ飛ばしているものの、クマが大会に姿を見せなかった際には気にしていたり、クマのアプローチを断る理由の1つ?に、自分がクマよりも歳上だから、というのがあるなど、本気で嫌っている訳でも無い模様。クマは、彼女を見るとスリーサイズ等で正確に判断でき、本能が顕在化する。

最初はクマ(鉄拳)のコンパチブルキャラクターとして登場したが、クマ同様に存在感があり、リストラされたことは一度も無い。鉄拳をプレイしない人でも、パンダやロジャー家等の動画を視て楽しんでいるらしい。

革命を起こしたキャラクター

2018年のアムステルダムでの世界大会にて、韓国の超大型新人で20代前半のRangchuが、敗者復活戦からパンダを選び、そのままベテラン勢を蹴散らして優勝し、世界中の度肝を抜いた。韓国のプレイヤーが中国の動物を操り日本由来のゲームで優勝したのだった。

パンダやクマはこれまで、当たり判定の大きさなどから、いわゆる「人気ランキングの最下層」とされてきたこともあり、世界大会で不人気キャラクターを見ること自体があり得ないことだとされてきた。また、Rangchuの様な超接近戦プレイヤーも非常に珍しい。

しかし、Rangchuがそれまで10年間親しんできたパンダを選択すると、あらゆる下馬評を跳ね除けて敗者復活戦から凄まじい強さでベテラン勢、TOP2の韓国プレイヤー達の操るデビル仁を倒して見事に優勝した。これには世界中のプレイヤーや実況者が驚愕、狼狽、称賛といった反応を示し、その場にいた「鉄拳の親」こと原田氏も、Rangchuにトロフィーを贈呈する際に「パンダ!? パンダ!? マジで!?」とコメントした。そしてこの結果は世界中のネットニュース等に掲載され、Rangchuとパンダに関するドキュメンタリーまで作成された。また、かつてクマで伝説を作った韓国のレジェンドプレイヤーHankumaの再来とも言われた。実際、RangchuもHankumaから影響を受けたとコメントしている。なお、日本のトッププレイヤー達にもパンダやクマを愛用する人達がそれなりにいる事はあまり知られていないらしい。

これにより、所詮人気キャラクターは人気キャラクターでしかなく、全てのキャラクターが最強に至る可能性を持つ事が改めて認識された。これには原田氏自身がTwitterにて「Rangchuがパンダで優勝した事は、ゲームを作った僕ですら想像していなかったこのゲームの可能性を拡げてくれた」とコメントした。また、そもそもデビル仁も2017年大会で、今回の準優勝であるQudanが評価を変えたキャラクターでもある。

また、このアニメの主人公の様な革命をリアルカンフーパンダ、またRangchuの操るパンダを、カンフーパンダシリーズの主人公のポーにちなんでリアルドラゴンウォーリアと呼ぶ人もいる(ポーは雄だが)。また、同シリーズに登場する雷武龍ジャッキー・チェンをモデルとしているが、カンフーパンダにおいてポーの修行はジャッキー・チェンの修行をモデルにしたり、ジャッキー・チェンが演技監督をしたり、マスター・モンキーのCVである等の繋がりもある。

Rangchuは日本語が堪能なだけでなく日本に留学しており、韓国と日本の競技人口の橋渡しとしても活躍している。パンダ以外にもジュリア・チャンなども使う。チクリンとは友達。また、世界大会でザフィーナを使って最終トーナメントに進んだ事でも記録的なプレイヤーである。

Pixivにて

本タグよりも、鉄拳とパンダを別途にして検索する方がイラストを見付けられる。

関連動画



外部リンク

RangchuのTwitter

関連タグ

鉄拳 パンダ

関連記事

親記事

鉄拳 てっけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パンダ(鉄拳)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 880

コメント