ピクシブ百科事典

ヒラガ(ロマサガ2)

ひらが

ヒラガとは、RPG『ロマンシングサガ2』『エンペラーズサガ』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

北バレンヌ地方の港町「ソーモン」に住む発明家の一族。代々「ヒラガ○世」と名乗る、自称天才発明家の一族である。

ロマサガ2

11世は「人力風起こし」なるものを発明し皇帝に見せようと連絡してくる。
そして18世は一族の夢であった全自動人形「コッぺリア」を作り出す。

この他、ミラマーの町が一定の段階まで発展すると、開閉機能を持った橋を運河に掛けようと提案する。

つまり「代々天才発明家」と言いつつも、ゲーム中に何かを発明したのは3人(或いは2人)しかいないのである。
書籍『ロマンシング・サガ大全集』でも「役立つ発明品をごく稀に提供してくれた」と記述されている。

白い髭と眼鏡が特徴的。老人の様に見えるが、書籍『冒険ガイドブック』によると47歳とのこと。
公式イラストでは自身の姿をモチーフにしたかのようなロボットも描かれており、コミカライズ版にも登場しているが、ゲーム本編には未登場。

名前は江戸時代の発明家・平賀源内が元であるようだが、公式には明言されていない。

備考

公式イラストになっているのは「ヒラガ6世」だが、実際にゲーム中に登場するヒラガは3世からスタートする。
6世はゲーム中では何も発明しておらず、まったく特筆すべき存在ではない。
一方、ヒラガは1度の年代ジャンプで最高8世までカウントされる。そして年代ジャンプの最高回数は12回である為、最高で99世まで登場できる事になる。
この事から、「ソフト開発当初は6世からスタートさせる予定だったが、ラストが99世になるように逆算し、3世からスタートするよう変更したのでは?」という考察が存在する。

なおデータ上は100世以降もカウントされ、255世でカウンターストップを起こす(0世に戻ることはない)のだが、あるバグ技を使わないとそこまで延ばす事は出来ない。

パーティに加わる予定があったのか、彼の仲間キャラクターとしてのデータが没データとして存在する。
同じ没キャラであるオアイーブトーマらと違って能力値や装備品などは細かく設定されている。

エンペラーズサガ

ヒラガ6世が登場。名前は単に「ヒラガ」。戦士カードとして登場するため、自ら戦場に立つことになった。天術を使う設定になっているが、その中には薬品を使って大爆発させる類のものも。ちなみにイラストはロボット付きの公式イラスト。
ストーリーでは次元転移装置を作ったり巨大コッペリアを作ったりリージョンシップを知っていたりT260Gを修理したりしている。

ヒラガ7世も登場する。こちらは金髪ロングのイケメン。

関連項目

ロマンシングサガ2 エンペラーズサガ コッペリア(ロマサガ2)

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒラガ(ロマサガ2)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 831

コメント