ピクシブ百科事典

フェニルアラニン

ふぇにるあらにん

必須アミノ酸の一種。ベンゼン環を持つ芳香族化合物でもある。
目次[非表示]

概要

アミノ酸の一種。タンパク質の構成成分のひとつ。構造内にベンゼン環を持つ芳香族化合物でもある。
アラニンの側鎖の水素(H)原子が1つフェニル基ベンゼン環)で置き換えられた構造を持つことから名付けられた。

ヒトの体内で合成できない必須アミノ酸であり、肉類鶏卵牛乳などの食品から摂取する必要がある。

他のアミノ酸と同じく、D体とL体の2つのエナンチオマー鏡像異性体)を持つ。
L体は体内でL-チロシンに変換され、さらにL-ドーパとなる。これがさらにドーパミンノルアドレナリンアドレナリンへと誘導される。
D体は人工的に合成された有機化合物である。

フェニルケトン尿症

先天的な酵素(または補酵素)の異常によって、フェニルアラニンの代謝が阻害され起こる病気。およそ8万人に1人の新生児にみられる難病である。
フェニルアラニンからチロシンが生じる反応が上手くいかないと、ホルモンの合成が正常に行われなくなるため、早期に治療を行わないと新生児知的障害などが残る危険性がある。

関連記事

有機化合物 有機化学 生化学 芳香族化合物 アミノ酸
栄養 タンパク質 必須アミノ酸 ホルモン(生化学)

関連記事

親記事

必須アミノ酸 ひっすあみのさん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フェニルアラニン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58

コメント