ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

田中芳樹の小説『銀河英雄伝説』の帝国側登場人物。
ローエングラム王朝随一の宿将・オスカー・フォン・ロイエンタール元帥を父に、ゴールデンバウム朝末期の帝国宰相・クラウス・フォン・リヒテンラーデ公爵の一族・エルフリーデ・フォン・コールラウシュを母として生まれるが、正確な生年月日は後述する理由により不明となっている。

生誕までの経緯

ロイエンタールと、彼の主君・ラインハルト・フォン・ローエングラム元帥(当時・帝国軍宇宙艦隊司令長官)は、リヒテンラーデ公を帝国軍宇宙艦隊副司令長官・ジークフリード・キルヒアイス上級大将を暗殺した罪で自殺を命じられ、10歳以上の男子も大半が処刑されたことにより、一族は大逆犯の汚名を着せられることとなった。
リヒテンラーデ公は老獪な政治家であり、陰謀家としても知られていたが、このときのキルヒアイス上級大将暗殺には関与しておらず、これらの逮捕・処刑はローエングラム独裁体制の建設が目的であった。

これらの事情をもちろんエルフリーデが知るはずはなく、彼女はローエングラム王朝成立前後に帝国軍統合作戦本部総長・オスカー・フォン・ロイエンタール元帥の愛人の1人となった。
ロイエンタールが、いつエルフリーデに自分が一族の仇であることを教えたかは不明であるが、事実を知らされたことにより2人は険悪となり、エルフリーデはロイエンタール邸を去った。

それからしばらくして、エルフリーデはルビンスキー一党に保護されるが、時期は子どもを生んだ前か、後かは不明である。

親子の再会と離別

新帝国暦2年、帝国に反乱を起こし、敗れたロイエンタールは致命傷を負いつつも任地の惑星ハイネセンに帰還、青ざめてはいるものの彼の表情は平時と変わらなかったという。
死に臨むロイエンタールの前にエルフリーデは一児の赤子を連れて現れた。
ロイエンタールは自らに子供が生まれていた事実を知って驚くが、盟友・ウォルフガング・ミッターマイヤーに預けることを言い残し、エルフリーデもそれに従った。

ミッターマイヤーもまた友人の遺言に従い、皇帝秘書官・ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフにとりなしを依頼、快諾を得ることに成功したまではいいが、ヒルダに「私はかまわないのですが、奥さまはいいのですか?」と言われてしまう。
失念していたミッターマイヤーは、あわててロイエンタールの遺児と友人の従卒・ハインリッヒ・ランベルツを自宅につれ帰る。
 「ロイエンタールというキャベツ畑からもってきたんですね」
と、優しく微笑むエヴァに、ミッターマイヤーも恐縮せざるをえなかった。
両目とも碧眼のロイエンタールの遺児はエヴァの提案によりフェリックスと名づけられた。

新帝国暦3年7月24日、皇帝・ラインハルトの病状が悪化、危篤状態となった。
一時的に意識を取り戻したラインハルトはミッターマイヤーにエヴァとフェリックスをつれて来るよう依頼、皇帝の枕頭でフェリックスは新皇帝・アレクサンデル・ジークフリード・フォン・ローエングラムに忠誠を誓った。
日づけが変わったその夜、皇帝・ラインハルトは崩御、宮廷があわただしく動くなか、ミッターマイヤー夫妻は息子の「ファーター(お父さん)」という言葉を聞くこととなった。

幼いながらも、皇帝の友人になることを定められているだけでなく、ロイエンタールの血を引き、ミッターマイヤーに養育されることにより名将になることも期待されている。
ミッターマイヤーは、フェリックスが大きくなったら、誇り高い父のことも話し、「ミッタ-マイヤー」「ロイエンタール」いずれかの名を名乗らせてもいいと考えている。

関連タグ

銀河英雄伝説
オスカー・フォン・ロイエンタール エルフリーデ・フォン・コールラウシュ
ウォルフガング・ミッターマイヤー エヴァンゼリン・ミッターマイヤー
アレクサンデル・ジークフリード・フォン・ローエングラム

関連記事

親記事

銀河帝国(銀河英雄伝説) ぎんがていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フェリックス・ミッターマイヤー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 338

コメント