ピクシブ百科事典

ブッチホン

ぶっちほん

「プッシュホン」のもじりで、当時内閣総理大臣であった小渕恵三の「渕」(ぶち)と電話(telephone/テレフォン)の「フォン」を掛け合わせた造語。
目次[非表示]

概要

プッシュホン」のもじりで、当時内閣総理大臣であった小渕恵三の「渕」(ぶち)と電話telephone/テレフォン)の「フォン」を掛け合わせた造語。

総理大臣の小渕が著名人にかけた電話のことを指し、それがあまりにも唐突でフランクなために電話を受けた相手が当惑したという。小渕は国民の支持を獲得するために、国民と同じ目線で話し合えば自分の人間的な考え方への理解が深まるのではないかと考え、国民との接触機会を増やしていた。小渕内閣は発足当初、国民から期待されておらず、新聞雑誌の論調もきわめて辛辣だったからである。ブッチホンの多くはお礼や相談、情報収集、依頼のためであった。数多くの人にかけただけでなく、秘書を通さず小渕自身がかけたことは異例であった。小渕はこの言葉で1999年度の新語・流行語大賞(年間大賞)を受賞している。小渕は、極力電話は自分でかけるようにしていた。なぜなら、「人に与えられた時間というものは決まっている。なのに電話をかけるとき、まず秘書にかけさせる。すると向こうも秘書が出る。それから相手が出て、最後にやっと自分が出る、なんてことをやっていたら一本の電話に四人が使われてしまう。こんなに無駄なことはない」というのが持論だったからである。ブッチホンにより小渕に対する親しみが増したと言われている。こうした努力が実り、発足当初は戦後最低の支持率を記録した小渕内閣は、1999年5月に支持率が不支持率を上回り、同年9月には51%まで上昇した。しかし、ブッチホンを初めとする職務は体に負担をかけ、心臓に持病があった小渕の体は徐々に蝕まれていった。ついに、2000年4月1日、小渕は脳梗塞を発症し、昏睡状態のまま5月14日に生涯を閉じた。

ブッチホンを受けた有名人

瀬戸内寂聴
小室哲哉沖縄サミットのテーマソング作曲を依頼)
江崎玲於奈
堺屋太一
その他多数

関連項目

小渕恵三 平成おじさん 内閣総理大臣 首相 人気者

関連記事

親記事

小渕恵三 おぶちけいぞう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブッチホン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30

コメント