ピクシブ百科事典

ヘプジバ・スミス

へぷじばすみす

ヘプジバ・スミスとは、『ハリー・ポッター』に登場するキャラクターである。

概要

ホグワーツの創設者の1人であるヘルガ・ハッフルパフの子孫。本編の時点で既に故人であり、作中では回想シーン(憂の篩の記憶の中)にのみ登場。

裕福な独身の老婦人で、数々の骨董品を集めるのが趣味。ホキーという名前の年老いたハウスエルフが彼女に仕えていた。

ザカリアス・スミスの先祖であろう。

活躍

1945年頃、ヘプジバはボージン・アンド・バークスで魔法具を売買する顧客の1人だった。当時そこの店員であり、骨董品の買取外商をしていたトム・マールヴォロ・リドルは彼女の家に何度も足を運んでいた。

ある日、ヘプジバは自宅でトムに先祖代々の家宝である「ハッフルパフのカップ」と、コレクションの一つだった「サラザール・スリザリンのロケット」を内密に見せる。その2日後にヘプジバは突然亡くなった。

ホキーがヘプジバのココアに砂糖と間違えて毒を入れたことを認めたため、ホキーは有罪になりその後獄死した。

しかし、アルバス・ダンブルドアが獄死する前のホキーと面会した際にホキーの記憶を採取し、上述の出来事について知ることになる。ダンブルドアは、ヘプジバを殺害した犯人はリドルであり、ホキーの記憶を改竄して濡れ衣を着せたと推測したが、それが真実だった。

リドルがヘプジバを殺害した動機は、ヘプジバが彼に見せたハッフルパフのカップとスリザリンのロケットである。彼はとある理由から魔法界に伝わる由緒正しい宝、特にホグワーツの創設者ゆかりの品物を求めており、特に後者はリドルにとって母親の形見であり先祖代々の家宝でもあった。ボージン・アンド・バークスに就職したのもそれらを発見・強奪するのが目的だったのである。なお、ヘプジバの死はある闇魔術の生贄にも利用された。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘプジバ・スミス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 216

コメント