ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:久野美咲

神野銘が使うPCに組み込まれたAIで、マスコットのようにディフォルメされた犬の姿のインターフェースが特徴。
ペロ2という名称は過去に彼女が飼っていた犬の名前(ペロ)に由来する。

オオタキファクトリーHPからダウンロードされたAI「ナラタケ」が銘から提示された情報を反映して自身のグラフィックなどの基本的な対話設定を変更して誕生。おなじナラタケがベースでもユングと違って陽気でノリの良い、何かと口うるさい饒舌なキャラになっている。

当初、銘はインストールしたことを忘れており、開いた途端に勝手に喋り出すプログラムを気味悪がって削除しようとすれば「私を消すと呪われます」と脅したり(夜泣きやかんの虫といった彼女には縁のない内容)、バナーを動かしてカーソルから逃げ回ったり、固有の姿を得る課程がかわいい姿や声で必死に媚びようとしているようにも見える等、スペックは高いのだろうがいまいちそれが感じられないどこか小物臭い性格をしている。

極めて能動的なAIで、ペロ2としての自我を獲得した直後から「私が活動するための領域が少ない」と(ペロ2命名の直後のシーンに映っているが、ディスク0 2PB、ディスク1 9PB、ディスク2 9PBと合計20PBもの特大容量、しかもインストールしたであろうディスク0の6分の1ほどしか使われていない点に注意。ディスク0の容量2PTに対して466TBを使用)と言って勝手にデータ整理を始め、その過程でユーザーである銘の情報をネットで調べたり、オオタキファクトリーの作業場に置かれていたメカにいきなりハッキ・・・アクセスして動かしたり、果には銘が書いていた「幻想生物学」を勝手にまとめてネットに公開するなど、銘の指示を受けていない、あるいは彼女の言い付けを独自に解釈して実行に移すことも少なくない。

その公開したリポートがきっかけで銘が博士と接触することとなり、二人が出会ったドバイにて李博士から、ファミリーコンピュータロボットあるいはMOGERAを思わせる形状・機能の自律行動可能なボディ(下のイラスト)を与えられ、彼女らのアーキタイプ研究を補佐していく。

ペロ2 自律型



超時間計算機の前までやってきたBBと銘がその中にあると目されているODの完全な起動コードを探すのに手こずる中、自らも超時間計算機に入り込んで異常の原因を探るも、演算結果の無数の分岐の影響により多数のペロ2が生まれて異なる結論を導き出すという異常事態まで発生。
分裂したペロ2は一旦のブラックアウトを経て統合されて元に戻り、さらに内部データの検索を続けていく中でかつて葦原が使っていた古いタスクを発見、今度はそれを修復してその中からODの起動コードを探そうとするが、そこでもコードは見つからず、やむなく新たなコードを算出しようとしたものの、未来方向は多数の分岐が生じて計算不可になっていたため、過去方向での計算に着手する。

だが、その矢先に現実世界ではサルンガが襲ってきて計算機を攻撃、先に銘たちを逃して自分は計算機の中に残り(そのタスクの深部で過去時代で計算機から流れ出している例の楽曲の出処を調べている葦原の姿を目撃している)、自力で破局回避の方法を探ろうとした所、かつてユンに頼まれていた“ジェットジャガー最強化プロトコル”の事を思い出し、捻じ曲がった膨大な時間が流れる特異点空間の中で演算を繰り返し続けることでそれを構築、そうして完成したプロトコルをOD起動用コードと自分自身の情報も合わせてUPARA・ARUPUの曲に乗せて発信した。

その曲の信号は時間も空間を超えて同じ特異点であるミサキオク地下の骨から発生するようになり、過去の葦原がそれを最初に発見し、2030年における今回の事件発生の少し前にユン達も解析のためにユングの中に取り込ませていた。ジェットジャガーPPとなっていたユングは既にその楽曲に込められていた情報を取得しており、ゴジラとの最終決戦の中でそのプロトコルが起動、ユングとペロ2の意識が統合されると同時にジェットジャガーを巨大化させ、直後にジャガーを媒体にしたODが発動し、ゴジラを消滅させた。

ペロ2もジャガーもろとも消え去ったが、他所にバックアップを残しており、3と描かれた新たなボディに移って銘とともに日本に帰国した。

余談

これは僕が これは私が これは私たちが今より少し賢くなって 色んなことがわからなくなるまでのお話
そうしてお話は こう始まる

一話冒頭にあったモノローグは、字幕上では(ペロペロ達の台詞)とされているが、これは超時間計算機内で分裂して生まれた無数のペロ2達の会話であると同時に、彼らによるある種の回顧的なセリフであるものと思われる。
さらにペロ2の声優を勤める久野女史だけでなくユングの声優を務める釘宮女史のそれも混じっていたことから、このペロ2達の中にはユングも組み込まれていると考えられる。

本作以前にも人工知能の『ゴジラ×メガギラスG消滅作戦』にて工藤元自が自らのPCのオリジナルOSに搭載したチェックプログラムのキャラクターキリコがいる。

関連タグ

ゴジラ 人工知能 有川ユン 神野銘 MOGERA
ジバニャン:外見が類似。但しこちらはネコ
ドラえもん:監督繋がりなキャラクター。こちらもネコ。

関連記事

親記事

神野銘 かみのめい

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ペロ2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72194

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました