ピクシブ百科事典

ペーター・シュトラッサー

ぺーたーしゅとらっさー

主に3つの意味がある。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 第一次世界大戦時のドイツ海軍軍人
  2. ドイツ海軍が建造を計画して未成に終わった空母Bに付けられる予定だった艦名。1.に由来する。
  3. 鋼鉄の咆哮シリーズに登場する、超兵器


ペーター・シュトラッサー(1876年4月1日~1918年8月6日)

ドイツ海軍中将。第一次世界大戦時にドイツ海軍の飛行船部隊を指揮した。
→ 詳細は「wikipedia:ペーター・シュトラッサー」を参照。

関連タグ

第一次世界大戦 飛行船

空母「ペーター・シュトラッサー」

ドイツ海軍が建造を計画した、グラーフ・ツェッペリン級空母の2番艦。
1938年、フリードリッヒ・クルップ・ゲルマニアヴェルフト社で「空母B」として起工。造船所での優先順位がUボートに移り、1939年9月19日に工事が中断された。
1940年2月28日、廃棄命令が出され、スクラップとして解体される。
完成していた場合、艦名は「ペーター・シュトラッサー」となっていたのではないかとされる。

鋼鉄の咆哮シリーズの「ペーター・シュトラッサー」

2WSC ペーター・シュトラッサー


初代から登場、この時点での名前は「ペーターストラッサー級」であり、超兵器ではなく通常艦として登場していた。

2からは、超兵器に昇進し「解放!チロエ島」にて初登場する。ドイツ軍がペーター・シュトラッサー率いる艦隊でチロエ島を占領した直後での戦闘となる。海上における速力は凄まじく、最高で45ノット以上!!武装は光学兵器がメインだが空母であるにも関わらず新型クリプトンレーザーとエレクトロンレーザーを装備しており、更に荷電粒子砲と拡散荷電粒子砲を搭載しているが、弱点としては、光学兵器がメインのため高性能の電磁防壁を搭載しておけばほぼ無力化できること、しかし高性能のものでない限りクリプトン系のダメージを軽減しきれず、電磁防壁Ⅲ程度ではかなりのダメージとなる。

ウォーシップコマンダー・エクストラキットでも、超兵器として登場。本作では、ムスペルヘイムの空母部分も含めると8隻近く量産されていたことになる。また、本級の改良型が出てくるが、物語の関係上エクストラシナリオには登場しない。

3では、当初は戦艦として建造する予定だったと語られている。ドイツの誇る超兵器空母であることに加え「枢軸軍南極攻略艦隊旗艦」でもある。今作では登場時期が大幅に変更されている。そのため、かなり控えめの性能となっているが、武装は長砲身の70口径43.2cm砲やミサイル発射機、多弾頭噴進砲など搭載している。相変わらず空母とは感じられないものだ。また設計当初の影響か、戦艦クラスの装甲も持ち合わせている。弱点は対潜兵器を搭載してないだけ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ペーター・シュトラッサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1893

コメント