ピクシブ百科事典

ホゼ

ほぜ

岩手県に伝わる民間信仰で、妊娠している者に十円玉くらいの光が見えるという怪異。
目次[非表示]

概要

岩手県に伝わる人妻が目にするという十円玉ほどの大きさの光で、見えるのは妊娠している証であるといわれる。

見えたホゼが胎内に入り胎児の命の源になるといわれているが、魂とは違うものなのでその人が死ぬと消えてしまう儚い存在であるという。

創作での扱い

水木しげるの『憑物百怪』や後述の『地獄先生ぬ~べ~』ではボゼという表記で登場したため混同されることもある。

♯220「いずな、ママになる!?の巻」に登場。イタコ葉月いずなが妊婦から動物霊を払った際に、中学生であるいずなの胎内に宿ってしまい霊的に妊娠させてしまったが、本来の居場所ではないため大気中に棲むボゼ喰いという捕食妖怪に狙われてしまう。

関連タグ

岩手県 妊娠 胎児  伝承
ボゼ

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホゼ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81

コメント