ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

カードテキスト

効果モンスター

星6/闇属性/ドラゴン族/攻2200/守1400

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手の墓地の魔法カードを5枚まで対象として発動する。

そのカードを除外し、このカードの攻撃力はその除外したカードの数×300アップする。


概要

ステータスは上級モンスターとしては低いものの、召喚・特殊召喚成功時に相手の墓地の魔法カードを除外し、その数だけ攻撃力を上昇させる効果を持つ。

攻撃力の上昇自体は永続であり、この手の効果にしては珍しく特殊召喚にも対応している。

また、出た時期の都合上、効果発動に同名ターン1回の縛りも存在しない上、強制効果なのでタイミングを逃さないのも嬉しいところ。


その効果の性質上、墓地の魔法カードを利用するシャドール閃刀姫などのメタカードとして期待できる。また、墓地から除外することで効果を発揮する魔法カードが増えているのも追い風。

自己特殊召喚効果を持たないものの、特殊召喚に長けたドラゴン族なので、出すこと自体はそう難しくない。

ただしリビングデッドの呼び声などを相手のサルベージ効果に直接チェーンして特殊召喚しても発動タイミング上間に合わないことには注意したい。


効果が相手に依存するため、安定した活躍は難しいが、現代遊戯王においても十分にやっていける可能性のある1枚。

環境によっては観賞用カードとは言わせない活躍を見せることがあるかもしれないので、ドラゴン族デッキに刺しておけば活躍の機会があるかもしれない。


作中での活躍

遊戯王Rの「海馬vsウィラー・メット」戦にてウィラーが使用。

ウィラーは自身の切札であるこのカードと、最強のドラゴン族とされる《青眼の白龍》の力比べを望んでいた。

《青眼の白龍》の攻撃時に罠カード《遅れた召喚劇》の効果により、《アックス・ドラゴニュート》と《ランサー・ドラゴニュート》の2体を生け贄に生け贄召喚された。

効果で《青眼の白龍》の攻撃力を吸収して攻撃力5200となり、《青眼の白龍》を倒そうとした(上記の遊戯王OCGのモンスター効果とは異なり、相手の魔法攻撃を1度だけ吸収し、吸収した攻撃力分の攻撃力が上昇する効果だった)。

だが、海馬が罠カード《機械じかけのマジックミラー》によってウィラーの墓地にある魔法カード《シンクロニック・アビリティ》を発動し、このカードの効果を《青眼の白龍》へコピーさせて攻撃力を吸収して攻撃力8200にされてしまい続く攻撃で倒された。

攻撃名は「ホーン・ドライブバスター」。


関連タグ

遊戯王 遊戯王R 遊戯王OCG

闇属性 ドラゴン族 効果モンスター ウィラー・メット

青眼の白龍


外部リンク

遊戯王カードwikiにおける「ホワイト・ホーンズ・ドラゴン」の項目

ニコニコ大百科における「ホワイト・ホーンズ・ドラゴン」の項目

関連記事

親記事

ドラゴン族 どらごんぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2477

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました