ピクシブ百科事典

マッソスポンディルス

まっそすぽんでぃるす

ジュラ紀前期の南アフリカに生息していた植物食恐竜の一種である。
目次[非表示]

概要

ジュラ紀前期の植物食恐竜。名前の由来は「大きな背骨」を意味する。
中型の原竜脚類の一種で、全長4mにもなる。
が長く、先細りした、幅の狭い頭骨を持っていた。はかなり大きく、前歯奥歯とで形が違っているのも特徴である。4本足で歩いていた。

関連項目

恐竜 竜脚類 古竜脚類

外部リンク

マッソスポンディルス - Wikipedia

関連記事

親記事

古竜脚類 こりゅうきゃくるい

子記事

兄弟記事

コメント