ピクシブ百科事典

マリーカ・フォン・フォイエルバッハ

まりーかふぉんふぉいえるばっは

田中芳樹のスペースオペラ小説「銀河英雄伝説」に登場する人物(画像左)。

概要

声:久川綾

「なんだかえらそうな名前でしょ」

綴りは「Marika von Feuerbach」。皇妃ヒルダ侍女。推定17歳。誕生間近の皇太子を「儀礼的に火葬」するため地球教徒が柊館を襲撃した際、幸運にも出払っていた。燃える館を見て、「私がチョコレートアイスクリームなんか買いにいかなければ」と狼狽し、その辺にいた適当なえらい人をとっ捕まえ、(見た目からして中佐ぐらいかと踏んだもののちょっと盛って)「お願いします大佐さん!」と主の救助を懇願する。そして銃器の腕も確かな「大佐」こと憲兵総監閣下を案内し、皇妃とその義姉アンネローゼがいる部屋を伝えて救出作戦の手助けをした。
事件の後、積極的にウルリッヒ・ケスラーに接近し、2年後に2回り以上年上の彼と結婚する。因みに、劇中大佐さん呼ばわりされたウルリッヒ・ケスラーは後のOVA化の際某赤い大佐の声と同じ人が声優を務めた。

作戦を見守る間、「ホクスポクス・フィジブス、ホクスポクス・フィジブス!」という祖父から教わった呪文を唱えていた。意味は「凶事よ消えうせろ」。繰り返すほど効き目があるが、以下省略してもOKの模様。田中芳樹は『アップフェルラント物語』でも同様の呪文を用いているが、田中が解説する「ケストナーの小説」で使われる前に、もともと「HOCUS POCUS(以下は省略 発音は「ホウカス ポウカス」)」というのをマジシャンが唱えていた。聖句の「HOC EST Corps(これは体)」から取られたものらしい。

関連タグ

銀河英雄伝説

pixivに投稿された作品 pixivで「マリーカ・フォン・フォイエルバッハ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11459

コメント