ピクシブ百科事典

メガブラスト

めがぶらすと

「メガブラスト」はタイトーが1989年に販売したシューティングゲーム。
目次[非表示]

ストーリー

21世紀末、地球上から戦争飢餓が消え、人類が繁栄を極めていた折、世界中で女性が大量蒸発する。
秘密裏に組織された「対地球外防衛機構」は原因を究明、未知の伝染病により女性の生殖能力が失われた暗黒星雲の惑星ザンクスが誘拐していると突き止める。
対地球外防衛機構により選出された精鋭ダウソンとボギーは、地球人女性を救い出すため、共に愛するシンディ救出のため、宇宙戦闘機メガブラストを発進させる。

概要

「メガブラスト」はタイトー1989年に販売した横スクロールシューティングゲーム。全8ステージ。
企画元は兎も角、開発は外部であるらしいが会社名は不明(エンディングにスタッフロールがないため確認不可能)。BGMも外作で、後年にタイトーが販売するシューテイングゲーム「ガンフロンティア」のBGMの作曲者でもある福森秀敏氏が担当しているとのこと。

操作は8方向レバーにボタン1個。自機の上下左右(自機の側からすれば上下前後)計4個のオプションが浮いており、攻撃は1ボタンで同時にそれらから4方向へ放たれる。ロケテスト時は4つが独立してボタンを配されていたが、プレイヤーが使い方を理解できなかったために1ボタンに変更されたという。
各種パワーアップアイテムは各オプションに独立して反映される。つまりは自機ではなく各オプションでアイテムを取る感じである。アイテムにはバリアーも存在するが(重ね掛けが可能)、飽くまでオプション単独に付いており、敵弾がオプションの隙間を抜け自機に当たって1ミスという局面もある。ちなみにオプションはバリアーなしで被弾しても壊れない。

・・・で、ハッキリ言ってクソゲーである。ゲームバランスが悪いのは勿論ながら、ステージが短い上に敵のパターンが淡泊でなんとも味気ない。
また、中ボスとしてタイトーのゲームキャラが出てくるのだが、「アルカノイド」のボスや、「レイメイズ」の自機はまぁよいだろう。しかし、「ちゃっくんぽっぷ」のちゃっくんや、「バブルボブル」のバブルンは流石に世界観ぶち壊しである。狙ったのであれば、ハッキリ言ってスベッてると言わざるを得ない。更に、何故か紫のアイテム(貫通弾)と黄のアイテム(誘導弾)がステージ3にしか出てこないという意味不明さである。
難易度は比較的低い。そりゃあトリッキーなザコ敵とか演出とか皆無だし・・・。

ただし、当初は4つボタンに対応し、それを使い分けるようなステージ構成になっていたのだという。それが1ボタンに変更となったことから紆余曲折の結果、こうなってしまったらしい・・・だとしても良ゲーになっていたとは限らないが。

移植は唯一、プレイステーション2用「タイトーメモリーズⅡ 下巻」に収録されている・・・収録すべきは他にもあったろうに。

プレイ動画


関連タグ

タイトー アーケードゲーム シューティングゲーム レトロゲーム クソゲー

pixivに投稿された作品 pixivで「メガブラスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3

コメント