ピクシブ百科事典

メモリーローン

めもりーろーん

藤子・F・不二雄原作のアニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。及び同作品のエピソードの一つ。
目次[非表示]

ひみつ道具としての解説

藤子・F・不二雄原作のアニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。及び同作品のエピソードの一つ。2020年5月2日に放送された水田わさび版アニメオリジナルエピソード及びアニメオリジナルひみつ道具。
自分の思い出を預ける代わりに、その価値に見合った現金を貸してくれる。ただし使用者にとって嫌な思い出の場合は、逆に金を支払ってその思い出を消してもらう形になる。
当然だが、金を受け取ると同時に思い出は消えてしまう。消えてしまった思い出の代金を返済することで思い出を取り戻すことは可能だが、あまりに乱用すると自分の思い出が全て無くなってしまう場合もある。

エピソードとしての解説

※この記述はネタバレを含みます。

野球の試合で運良く逆転ホームランを打ったのび太だったが、ボールの持ち主であるスネ夫から「ボール代の1000円を弁償しろ!」と言われてしまう。その話を聞いたドラえもんは、気が進まないと思いつつも「メモリーローン」を取り出し、のび太の思い出を現金に換えることを提案する。

ドラえもんがこの道具でのび太の思い出を調べていると、先程ホームランを打った思い出が1000円分の価値があることが分かり、スイッチを押すと道具から1000円札が出現する。しかしのび太はホームランを打った思い出を忘れてしまった。それでものび太はスネ夫に1000円を返しに向かい、ドラえもんは「この道具は、自分が何の思い出を預けたかさえ忘れてしまうから怖いんだよな」と言いつつ、ドラ焼きの大安売りに出かけることにする。

その後、スネ夫にボール代を返した際に「さっきのホームランは凄かったな!」と言われ、のび太はメモリーローンにホームランの思い出を返してもらおうとする。しかし1000円を支払わないと思い出を返してもらえないことが分かり、のび太は先生に褒められた思い出と皆で高井山へ行った思い出をメモリーローンに預け、3000円を入手する。そして1000円を支払い、のび太はホームランを打った思い出を取り戻す。
のび太はホームランを打った時の感動を思い出し、そのまま上機嫌でしずかの家へ向かうが、そこには出木杉もいた。しずか達はアルバムを見ながら高井山へ行った時のことを懐かしむが、思い出を預けてしまったのび太には何のことを話しているか全く分からない。

しずかの家を後にするのび太だったが、途中でジャイアンとスネ夫が新作ゲームで遊んでいる光景を目撃する。そこでのび太はメモリーローンを使用し、ゲーム代を入手しようと考える。
自分の思い出をサーチしていると、ドラえもんとの思い出やとの思い出、そしておばあちゃんとの思い出が非常に高額で受け取ってもらえることが判明する。
しかしのび太は「ゲームの為に大切な思い出を消してしまって良いのかな」と悩むが、それでもメモリーローンの画面に手を伸ばし…。

同時刻、ドラえもんはドラ焼きの大安売りから帰る途中、ジャイアンとスネ夫から「のび太が変な機械を抱えながらどこかへ行った」という話を聞く。ドラえもんはのび太がメモリーローンで自分の思い出を全て消してしまったのではないかと心配になり、「タケコプター」で探しに向かう。
ドラえもんは「思い出を全部消しちゃったら、自分が自分で無くなっちゃうぞ!」と言いながら必死でのび太を探していると、空き地でメモリーローンを使用しているのび太を発見する。ドラえもんは涙を流しながら「この馬鹿!自分の思い出を全部消すなんて!僕のことも忘れちゃったのか!?」と訴えかける。

だが、のび太はドラえもんのことを覚えており、それどころか大切な思い出を一切失っていなかった。ドラえもんは一体どういうことなのかを考えていると、メモリーローンの画面を見て全てを察する。そう、のび太は手元に残っていた2000円を支払い、新作ゲームが欲しいという余計な思い出を消してもらったのだ

のび太は新作ゲームのことをすっかり忘れてしまい、スッキリとした様子で家へ帰る。その様子を見たドラえもんは、のび太が自分との思い出を無くしていなかったことを知って安心し、涙をぬぐいながら微笑むのだった。

登場人物

ドラえもん

ご存知主人公。
のび太に「メモリーローン」を貸したは良いが、彼が道具を乱用して全ての思い出を消してしまわないかを心配する。
その後、のび太が道具を使用して大金を得ようとしたことを知り、大急ぎで彼を探すのだが…。

のび太

ご存知副主人公。ドラえもんの親友。
メモリーローンを使用して大金を得ようとするが、大切な思い出を消すか大金を得るかで迷ってしまい…。

しずか

メインヒロイン
のび太からメモリーローンの使用を勧められたが、結局使用することは無かった。

ジャイアン

ドラえもんとのび太の友人。
のび太が珍しくホームランを打ったことを褒め称えた。

スネ夫

ドラえもんとのび太の友人。
のび太が打ったボールの代金を請求する。その後は代金を返してもらうも、のび太の様子がおかしいことに戸惑っていた。

ママ

のび太の母親。
いつものように0点を取ったのび太を叱る。

出木杉

ドラえもんとのび太の友人。
のび太からメモリーローンの使用を勧められるが、結局使用することは無かった。
その際「どんな思い出も自分にとって大切だから、消す訳にはいかないよ」と言っている。

余談

上記の「思い出を売ることで金を入手する」というエピソードは『世にも奇妙な物語』で放送された「思い出を売る男」でも描かれている。
『ドラえもん』では、最終的にのび太が余計な思い出を消すだけに留まったが、こちらでは病気で苦しむ自分の子供を救う為、自分の全ての思い出を売ってしまい、子供の病気を治療する大金を得た代償として自分が何者なのかも忘れ去ってしまうという結末になっている。

関連タグ

ドラえもん ひみつ道具 ドラえもんのエピソード一覧

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メモリーローン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 767

コメント