ピクシブ百科事典

モロゾフ

もろぞふ

1.ロシアやウクライナなどで使用されている姓。2.日本の菓子メーカー。 この記事では特に2.について解説する。
目次[非表示]

モロゾフ(Morozov、Morozoff)とは

  1. ロシアウクライナなどで使用されている。(:Морозов)
  2. 日本神戸に本社を置く菓子メーカー。モロゾフ株式会社。 → 本頁で記述

「モロゾフ」という名の人物

実在の人物



モロゾフ株式会社

ロマンのあるスイート(差し替え)
関西の家庭によくあるアレ


兵庫県神戸市に本社を置く洋菓子メーカー。
白系ロシア人であるフョードル・ドミトリエヴィチ・モロゾフ一家が神戸で経営していたチョコレート店を起源とし、会社名はその姓に由来する。
菓子の販売店舗を中心に、カフェレストランを全国に展開している。
代表的な商品は、レモンの香りと酸味の効いた、デンマークチーズたっぷりの濃厚なチーズケーキ、こってりと甘く滑らかな触感が自慢で、食べ終わった後は耐熱ガラスの容器がコップとして使われることで有名なプリン、上質な素材で作られたチョコレートなど。同社はバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣を始めた会社のひとつとしても有名。

モロゾフ家の悲劇とコスモポリタン製菓

ロシア革命を逃れて日本に来て、神戸で経営していたチョコレート店を経営していた白系ロシア人である、フョードル・ドミトリエヴィチ・モロゾフ一家は、材木会社専務の葛野友槌からの出資を受け、1931年8月8日に神戸モロゾフ製菓株式会社を設立。経営は順調だったが、1933年、会計帳簿を見せようとしない葛野にモロゾフ一家は不信を募らせ、業績を低く見せかけているのではないかと疑うようになり、さらに会社の運営方針をめぐって両者が対立し、裁判に持ち込まれた。
モロゾフ一家は日本語の読み書きができず、裁判で不利に働き、結果経営から手を引くこととなってしまった。モロゾフ一家は神戸モロゾフ製菓から離れるだけでなく、1941年6月10日まで「モロゾフ」やそれに類似した商号を使用しての菓子販売や神戸モロゾフ製菓と同様の事業を行うことを禁止された(名義料や土地建物などは譲渡されていた模様)。
モロゾフに出資した葛野には、政治的・思想的な対立が背景にあった可能性も噂されている。
以降、菓子店『モロゾフ』はこうしたイメージを払拭するかのように、ロシア菓子とは異なる商品の開発を行っていった。
一方、モロゾフ家はその後、フョードルの子のヴァレンティン・フョードロヴィチ・モロゾフがチョコレート専門店「バレンタイン製菓」を立ち上げ、第二次世界大戦で焼失後に再び立ち上げた「コスモポリタン製菓」として再び神戸を代表する菓子メーカーとなった。しかし長引く不況を乗り切ることができず、コスモポリタン製菓は2006年に廃業している。

余談

  • 対照的な例として、神戸発のもう一つの有名洋菓子店で、バウムクーヘンを日本に紹介したユーハイムの物語が挙げられる。同社は創業者のユーハイム夫妻と日本人社員たちの絆の強さで知られ、今も創業当初から受け継がれる理念にのっとった菓子作りが行われている。
  • 手塚治虫の晩年の名作「アドルフに告ぐ」の主な舞台は戦前・戦中の神戸市。主人公の一人であり、元町でパン屋を営むユダヤ人一家の息子、アドルフ・カミルのセリフで「モロゾフ言う白系ロシアの菓子屋のおっさんが……」と、ちらりとモロゾフ家の名が登場している。
  • 亡命白系ロシア人の悲劇としては、日本球界にその名を刻む300勝投手、ヴィクトル・スタルヒンの物語もよく知られている。日本で育ち、無国籍ながら自身を日本人と認識していたスタルヒンは、幼いころから様々な差別に悩まされながらも驚異的な活躍を見せた。しかし、戦時中は「敵性国民」として軟禁されるなど、日本と言う国が彼に与えた待遇はあまりにも無残なものだった。



関連タグ

曖昧さ回避 pixpediaで分割された項目

pixivに投稿された作品 pixivで「モロゾフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16748

コメント