ピクシブ百科事典

モーターヤブ

もーたーやぶ

モーターヤブはサイバーパンクニンジャ活劇小説『ニンジャスレイヤー』に登場するロボ・ニンジャと呼ばれる機動兵器の一種。
目次[非表示]

◆忍◆ ニンジャ名鑑#42 【モーターヤブ】 ◆殺◆
オムラ・インダストリが送り出す、カーボンナノチューブボディ、逆関節をフィーチャーした量産型ロボ・ニンジャ。
機関砲やサスマタなど様々な武器を隠し持つ。相手の投降を受け付ける思考ルーチンにバグがあるが、仕様とされる。
ネオサイタマ電脳IRC空間「ニンジャ名鑑」より抜粋)

CV:田中秀幸(アニメイシヨン)
「投降を受け入れました。ありがとうございます」

モーター概要

初出は第1部「スシ・ナイト・アット・ザ・バリケード」。
暗黒メガコーポ『オムラ・インダストリ』によって開発された機動兵器「ロボ・ニンジャ」の一種。
社長モーティマー・オムラが推進する『モーター理念』を体現するモーター・シリーズ栄光の一号機である。
ロボ・ニンジャという分類がされているが、ニンジャソウルを持たない純粋なマシーンであるため、正確にはニンジャではなく「ニンジャに相当しうる戦力を持つロボット」程度の意味合いである。
トットリ村の暴動鎮圧のために初出撃として3機投入されたのを皮切りに、以降の時系列でもカスタム機を含め長きに渡り活躍(?)する。

飛び跳ねながら装甲ジープに追随する俊敏な機動性とアサルトライフルの弾丸をものともしない重装甲、人間を跡形もなく血煙に変えてしまうほどの強力な重火器を装備しており、単純な火力では一機で一軍に相当すると言われる。
しかしそれらの長所が霞むほどに兵器としては欠陥があり過ぎ、作中でもヘッズからもポンコツ扱いを受けている。

  • 投降を勧告するシステムが搭載されているが、投降したことを認識しながら容赦なく発砲・銃殺
  • 落とし穴を回避し踏みとどまる程度にバランス能力はあるが、ロープなどで簡単に足元を掬われる。
  • 降着位置を間違えて民間のトラックや一般車両を踏み潰す。ついでに関係ない民間人も踏み潰す
  • 警察に一時期採用されたこともあったが、相次ぐフレンドリーファイアで遺族への慰謝料がうなぎのぼり
これらのAI面での欠陥やバランス制御の不安定さを改善するべく、新たなるロボ・ニンジャ『モータードクロ』が開発されることになるのだが・・・。

攻撃を受けた時の悲鳴は「グワーッ!」ではなく「ピガガーッ!」
被破壊時には「サヨナラ!」も言うことも。

ちなみにその後も「ヤブ改善」「ヤブ再び改善」などアッパーバージョン含めて何度も登場することになるが、登場する毎に破壊されるまでの時間が短くなっている。ショッギョ・ムッジョ!

しかし、『アンエクスペクテッド・ゲスト』に登場したNSPD仕様モーターヤブは伝説のハッカー・サイモンジがWASD入力で操作していたこともあり、それまでのポンコツぶりが嘘のような大活躍を見せた。最後はカンゼンタイの覚醒に巻き込まれ大きなダメージを負い、機能停止に追い込まれた。

モーター外観

左腕にサスマタ(「電磁サスマタ」とも)、右腕にガトリングガンを装備。
カンガルーめいた逆関節で、背中にオムラ社紋とカタカナで「モーターヤブ」の刻印がある。
一般受注生産品にはそれぞれに合わせたカスタムが為されたものも多く、たとえば中華飯店「スコシ・シャンハイ」に配備された「後期改善型」は中華風のペイントが為され、アイサツも「ニーハオ!」である。
また、タダオ大僧正所有の「ホーリーヤブ」及び「ヘヴィホーリーヤブ」は黒漆塗りに黄金装飾とオブツダンめいた外観であり、ガトリングガンも「黄金マニ装飾ガトリングガン」とされている。

モーター武装

サスマタとガトリングガンがメインウェポンだが、頭部にも機関銃を格納。
「ヤブ改善」では両肩にガトリングが増設、更に「ヤブ再び改善」はロケットランチャーを装備している。

モーター元ネタ

オムラ社のモデルがロボコップに登場したオムニ社ということもあって、法執行ロボットED209が元ネタではないかと言われている。
実際、こちらもAIやバランス制御に問題を抱えるポンコツであり、物理書籍やアニメイシヨンでのデザインもED209そっくりである。

モーター関連タグ

ニンジャスレイヤー 

モーターシリーズ

モータードクロ
モーターチビ
モーターナガサマ
ネブカドネザルモーターツヨシ

pixivに投稿された作品 pixivで「モーターヤブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5524

コメント