ピクシブ百科事典

モ780

もななひゃくはちじゅう

名古屋鉄道が導入した電車

名古屋鉄道岐阜市内線揖斐線(600V線区)向けに導入した電車。
600V線区では初めてのVVVF制御車で、連結運転に対応した連結器を先頭部に装備している。

1997年から98年にかけて7両が投入され、日中は単行で、ラッシュ時には最大3両編成で運行した。ただし岐阜市内線では2両が最大であった。

2005年の600V線区廃線に伴って名鉄の車両としての車籍は抜かれ、田神線市ノ坪駅近くにあった岐阜検車区に7両全車が集められた。

廃線時点で車齢10年にも満たなかった本車両は名鉄グループの豊橋鉄道へ譲渡され、路面電車の東田本線で運用されることとなった。赤岩口の車庫で

  • ワンマン機器の交換
  • 連結器の撤去と大型スカートの設置
  • 井原電停に存在する半径11mの急カーブに対応するブレーキホース、電気配線の延長改造、床下機器移設
などの改造を行い、2006年3月までに全7両が運行を開始した。

車体のカラーリングは名鉄時代から一新され、全車両が広告を纏っている。
  • 781:豊橋信用金庫
  • 782:カスタムハウジング
  • 783:横浜ゴム
  • 784:日本通運
  • 785:三河ダイハツ
  • 786:日の丸薬局
  • 787:メガワールド
この広告は780形によって置き換えられた3100形から引き継いだものだが、781・783・785の3両はスポンサーが導入当時と変わっている。

コメント