ピクシブ百科事典

一つ目小僧(妖怪ウォッチ)

ようかいうぉっちのひとつめこぞう

ここでは妖怪ウォッチに登場する一つ目小僧について説明する。検索の際には「一つ目小僧 妖怪ウォッチ」と調べてみよう。
目次[非表示]

「目力(めぢから)!」

概要

CV:日野未歩

No134
種族プリチー
ランクD
好物おでん
スキル本家のちかい(敵味方の本家妖怪のすばやさがアップする)
こうげきずつき
ようじゅつ氷結の術
必殺技まやかしの瞳(巨大なひとみでじっと見つめ敵全体を混乱させる)
とりつく目力アップさせる(とりつかれた妖怪は目力がアップして、ちからもアップする)
攻撃が少し命中しやすくなる

これといって特殊な力もなく出たら驚かれるぐらいのほとんど無害な妖怪。コンタクトレンズが他の人より半分ですむのがうれしい。(妖怪大辞典より)

のっぺら坊と対となる本家限定の妖怪。種族はプリチー族で、三度笠をかけた一つ目小僧。しかし、コンタクトレンズが半分ですむというより、そもそも大きな目につかうレンズは実際に販売してるのか疑問である(そこら辺は気にしない方がいいかもしれない)。

アニメ

初登場は28話「出たぞ!古典妖怪」から。

クマカンチと肝試しに出掛けた際に、ウィスパーのせいで特に怖がっているとクマ、カンチ、更にはフミちゃんにまで勘違いされ、それなら今度は自分が2人を怖がらせると一念発起したケータによって、肝試しの演出に協力して貰うために探し出され、から傘お化けろくろ首共々古びた旅館で見付けられた。

いかんせん見た目が可愛いため最初は怖がられなかったが、洋画のホラーDVDを見て勉強した結果見事怖がらせる事に成功。ケータにメダルを渡し、友達となった。
実はジバニャンと同じくニャーKBのファンで、会員番号は「01239」。ジバニャンが古参のファンクラブ会員であるのを知ってからは、彼を「先輩」と呼び尊敬するようになった。

33話「妖怪 じがじぃさん」
じがじぃさんに対抗するために、から傘お化け、ろくろ首と共に召喚される。
じがじぃさんの自画自賛に対して、毎日富士山をジョギングするなどの大法螺を吹き、自画自賛はしても嘘は吐けないじがじぃさんを降参させた。

93話「古典妖怪ハロウィンパーティー!」
から傘お化けろくろ首と共にトリオでこっそりハロウィンパーティーに参加しようとしていた。

実は古典妖怪はハロウィンパーティーに参加してはいけないという妖怪委員会からの決まりがあるのだが、本人はそのことを知らず、加えてジバニャンが焚きつけ他の古典妖怪(河童にんぎょ)も召喚して参加する事になる。(にんぎょは後述の理由を知っていたため参加には否定的だったが)
その後コスプレパレードの最中に途中でDQNカップル(古典妖怪をバカにしたカップル)に遭遇。カップル(男)にこんなことを言われる。

このマスク、質感が安モンっぽくね~?

こうして、古典妖怪としてのプライドに傷をつけられた事で、同じくカップルに馬鹿にされた河童・から傘お化け・ろくろ首と共に、

トリック・オア・うらめしやぁぁぁぁぁぁっ

と、驚異の驚かしでパレード参加者を恐怖のどん底に落とした。妖怪委員会が古典妖怪のハロウィンへの参加を禁止した理由・・・それは彼らの力によって人間界が混乱する事を避けるための処置かもしれない。

コロコロ版

初登場は40話「いたずら小僧にご注意を!」から。

ケータにぶつかってビビらせようとしたが、すでにから傘お化けに遭ってる彼には通用しなかった。そこで必殺技「まやかしの瞳」で「首の長い化け物」と称してキリンの幻を見せて驚かした(ケータは首が長いという情報から、当初ろくろ首と思っていた)。

夏バテで絶不調のジバニャンと戦うことになったら、今度は百々目鬼を呼び出して戦わせた・・・が、この百目鬼は幻であるうえに、本人は夏バテのジバニャンのひゃくれつ肉球の1発目を受けただけで倒されるほど非常に弱い

かつて彼は、一つ目という事で気味悪がられた過去があり、その為に仕返しをしてたらしい。そんな自分を見ても驚かないケータに好意を抱いて友達になった。

ちなみに夏バテ状態のジバニャンは、動きすぎて昇天しかけていた。

ちゃお版


関連タグ

妖怪ウォッチ プリチー族 一つ目小僧 単眼 古典妖怪

pixivに投稿された作品 pixivで「一つ目小僧(妖怪ウォッチ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 294

コメント