ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

一堂ラッシー

いちどうらっしー

「一堂ラッシー」とは、「奇面組シリーズ」に登場するキャラクターである、主人公:一堂零の飼い犬である。(メイン画像真ん中の犬)
目次 [非表示]

概要

一堂ラッシー」とは、「奇面組シリーズ」に登場するキャラクターである、主人公:一堂零飼い犬である。

プロフィール

生年月日昭和55年生(月日は不明)
血液型犬型(そんなのあるのか…)
身長90cm
体重10kg
家族飼い主・一堂零(いちどう れい) その父親・一堂啄石(いちどう たくせき) その妹・一堂霧(いちどう きり)
トレードマーク変態目と首輪
CV龍田直樹

大間仁との兼役。


名前の由来は「名犬ラッシー」より。

当時アシスタントだった佐藤正の「ラッシーでいいんじゃないスか?」というアドバイスを元に命名。


犬種は柴犬型の雑種である。


モデルはそこらへんによくいる犬。


※『ハイスクール!奇面組』第11巻「奇面組キャラクター名鑑 一堂ラッシー編」及びムック本『帰ってきた奇面組』より抜粋。

キャラクター解説

ハイスクール!奇面組』第6巻「よろしくマイ・ドッグの巻」より登場。


が「家の周りをうろついていて困ってたので、しばらくウチで面倒をみることにした」。

といういきさつで飼い始めた。


清水の舞台から飛び降りるつもりで」(河川唯:談)

宇留千絵が「ラッシー!」と呼んだら「ワン!」と応えたので、

ラッシーとなった。


普段は普通の雑種犬のようなのだが、と思えばとんでもなく、人間のように後ろの二本足で立って歩くことが出来たり、前の二本足で重い物を持って歩く事が出来たり、人語を解し、ジェスチャーによって人とコミュニケーションを取ろうとしたり(だいたいはその内容を勘違いされて失敗するのだが)、骨格は犬のままなのだが、恐ろしく人間に近い行動を取ることが出来る。


作者:新沢基栄は「犬らしい犬にするために、人間とは喋る事が出来ない」という縛りを設けた。

但しアニメ版ではキャストである龍田直樹アドリブにより、ときたま人間語が混じっていた。


ちなみにアニメ版だと、人間の女性に対してもかなり興味を持つ、犬と人間見境無いスケベ犬のような描写も多数あったが、原作でのラッシーが人間の女性に興味を示したのは『ハイスクール!奇面組』第7巻「お散歩ラッシーの巻」のみである。

まあ河川唯のお尻に対してだったのではあるが。


飼い主である一堂零と一堂家の面々とその周囲の人びと(主に奇面組)であるが、ラッシーが奇面組千絵に迷惑を掛けてみたり、逆にやりかえされてみたり、

ラッシーに酷いことをしたかと思えば、逆にが仕返しされたり、時にはラッシーとで一緒になってバカをやってみたり、と、

なんだかんだでとは名(迷?)コンビであり、賑やかな一堂家の一員となっている。


基本的にアホの駄犬であり、千絵の飼い犬であるビューティに惚れて、恋敵に決闘を申し込んで玉砕したり(アニメ版ではラブコメ度を上げるためか、ビューティと上手くいっている)、近所の野良犬を集めて「犬組」を結成したりしてるのだが、

(『ハイスクール!奇面組』[[第9巻「がんばれラッシーの巻」)


たまたま見かけた誘拐された女の子を見過ごせずに誘拐犯から救い出すなど、なかなかどうして義侠心があるところも見せている。

(『ハイスクール!奇面組』[[第18巻「ラッシーはシンデレラ!?の巻」」


後にリバイバル版「帰ってきたハイスクール!奇面組」関連作品での復帰第1作目がこのラッシーを主役とした「ラッシーウイーンの巻」であったり、

フラッシュ!奇面組」でも、が中学生だった頃に既に一堂家に飼われていたり、など、

(『フラッシュ!奇面組』[[第1巻「大みそか!一堂家人々の巻」」


奇面組シリーズ」には欠かせない、名(迷?)バイプレーヤーな犬である。

関連作品

一堂家の長い夜

※ラッシー、いい味出してます。

関連タグ

関連記事

親記事

一堂零 いちどうれい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21330

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました